スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しい風を受けながら それでも先へと進む

――君と出逢って 僕は強くなれた!イデア=サン、カワイイ、ヤッター!お久しぶりです。漆黒です。

あらためまして、お久しぶりです。漆黒です。はや、4ヶ月ですか。放置しすぎですね。まぁ、書くこと無いおって感じ+急がしかったんですよ。。。


で、まぁ、皆さんは最近何してお過ごしでしょうか?私は、Z/Xのモチベが最下層くらいになって、ゲーセンばかりいっておりました。LOVにイデアとか聞いてない。。。

なんで、ゲーセンでLoVとWLWばかりやっていたわけですが、そんなワシにも久々にTCGモチベが!
そう!ドレッドノートが発売したのです。いや、ルール発表から目をつけていたのですが、ついに発売しましたよ。トリマ、友人とカートン割って、楽しく遊んでおります。むしろ、四六時中考えているくらい。駆け引きが厚くて、他に現存するTCGには無い面白さです。封入率もお財布にやさしいしね。


てな、わけでドレッドノート。一応、賞金があると言うことで、ワシ的メタデッキを考えてみました。何?ルールが知りたい?しらんわ!公式言って動画でも見て来い!
なんで、この先はある程度触った人推奨。初見だと???だろうしね。


漆黒のメタデッキ予想ー(どんどんぱふぱふ

現在のカードプールで初期のメタとなりそうなデッキを3つ考えてみました。他にも強いデッキはありますが、ワシ的にはこれが強いかなぁ、と言った印象。では、紹介をば。

①黒青甲殻
恐らく、誰もが気が付くメタの一角でしょう。
後攻時に強化エンチャントが施される甲殻もちのユニットを中心に、豊富な青と黒の戦闘補助スペルで戦うデッキになります。

・パートナーがおり、焼きもこなせるゴモリー。
・勇猛を持ち、先攻だとしても殴りかかれるスペックのペイモン。

上記の2体の中核ユニットが性能が良好なことに加えスペルも、

・1コストで50ものアタックダメージ追加を繰り出すアレスの猛き槍。
・1コスト50軽減。プロテクションがかすむアテナの煌く盾
・こちらも1コストで2枚の衰弱エンチャを投げることのできるベルゼブブの魔風。
・衰弱がついていればBP+40の破格性能のベリトの闇の鎧。

と、そろっており、純粋な戦闘では無類の強さを誇ります。
基本的には後攻をとり、甲殻を発動させ盤面を固くしたのちにスペル戦闘を補助しながらじっくりと戦うデッキです。
派手な効果がない分、堅実なプレイングの積み重ねがダイレクトに勝敗に作用するデッキであり、難しい部類のデッキに入るでしょう。
しかし、その分勝率は安定して出せるので、人気のデッキになるのではないでしょうか。
なお、赤単に焼かれまくったりスサノオでゴリゴリされると普通に死にます。特にスサノオはほとんど対処札がないので天敵です。


②黄色先攻
こちらもカードプールから連想しやすいメタの一角。
黄色に多い先攻時にパンプスアドバンテージをとりやすいカードをふんだんに使い、スピードで相手を押しつぶします。
特にメインユニットはいないのですが、ウルヴァシーからのパンプ、スカンダのエンチャント付与、
カルケティーヤのパワー等の優秀なユニットがそろいます。
また、守りもかたく、アプサラスの誘惑やラクシュミーの蓮の花等の防御スペル。
ウルヴァシーとのコンビが強烈なガネーシャ。そして、神威もちでスペックの安定しやすいシヴァと粒ぞろいです。
先攻をとっていくスタイルのため、ドローはゴットドローに頼ることも多いですが、爆発力がすさまじいためあまり気になりません。
なにより、時間切れしにくいのも魅力。甲殻とは違った意味で安定して勝てるデッキといえるでしょう。
なお、こちらのデッキは黒青甲殻に弱いです。先攻アタックをスペルで防がれるとそのままずるずるとアドをとられて沈みます。


③赤単
赤の優秀なユニットである、スサノオとサルタヒコを中心としたビートダウン。
スターター+αで組めるが非常に強力で、使用者の多そうなデッキです。
基本的には以下の2体のユニットを中心に運用します。

・基本的に150~位のスペックで動き回るスサノオ
・金剛を打つと170までスペックが跳ね上がる驚異の天狗、サルタヒコ

どちらもサイズがほかの色では見ないような数値になるため、単純に殴るだけでも強力です。
それに加え、タケミカヅチ、タケミナカタ、アメノウズメ等の焼きユニットも優秀であり、
烈風、迦具土という強烈な焼きスペルもあるため盤面をあけてのアタックも得意です。
また、守りも弱いわけではなく、金剛でのBPアップ、そもそもの焼きによるアタック回数削減、
最強のキャスター防御札である水鏡と柔軟にこなせるだけのものがそろっています。
単体のカードパワーが高く、初心者にも扱いやすいデッキですが、全体的にコストが重たいため、勝率を安定させるには慣れが必要です。
しかし、構築のしやすさ、効果の派手さから楽しくて、強いデッキといえるでしょう。
なお、先攻をとると強いデッキのため、黄色先攻には轢き殺されることが多々あります。注意。


今のところ漆黒の頭の中はこんな感じです。実際はこれも強いよ!って声が聞こえそうなんですが、現状気にしてるのはこれらになります。
まぁ、ぶっちゃけ始まったばかりでそこまで研究が進んでるわけではないので、色々なデッキが出てくればなぁ、と。


と、それっぽいこと言って今日は終わりにします。あでゅー。


いあ!いあ!あとらっくなちゃ!

スポンサーサイト

我ら、天下最強・井伊の赤備えなり!!

我ら赤備えが、合戦の火蓋を切る!どうも、漆黒です。オヒサシブリデス。仕事大変だったんです。

あらためまして、こんばんわ。漆黒です。なんか、終電が友達でした。更新できない。。。

とりま、戦国はボチボチやってます。てか、赤備えしか使ってませぬ。開幕強いって良いよね。なお、傲慢には勝てません。てか、はやりデッキに勝てないです。しかし、せりふがすげーかっこいいのでお気に入りです。

あと、ゼクストリーム出てきました。45分で終わりました。泣きたい。

てなわけで、久しぶりなのに書くことがありませぬ。てなわけで、最近ははじめたワンダーランドウォーズの話でも加工化と思います。


さて、ワンダーランドウォーズの話ですが、基本的なこととか、どんなゲームとかかは他の人が書いてるので割愛します。で、何を書くかというと、自分がずっと使っているミクサの運用でも書こうと思います。では、以下から。


私的ミクサ運用論

WLWのミクサはマッチ売りの少女がモチーフのキャラで、見た目に反して超・高火力が売りのキャラです。かわりに、体力が死んでおり、一撃で戦闘不能になる可能性がある、ビーキーな仕上がりになっています。

さて、そんなミクサですが序盤、中盤、終盤でかなり動きを変える必要のあるキャラだと思っています。なんで、そんなところをつらつら書こうと思います。

①最序盤
はっきりいますが、序盤のミクサは弱いです。ドローが弱く、前に出れる体力も無く、移動力も並みのミクサは序盤のレーン戦ではお荷物に近いです。その為、レーン戦では積極的には前に出ずに兵士の後ろからドローとストレートでけん制を行いましょう。
なお、敵に目をつけられるのはご法度です。体力を削られるとそのまま帰城コースのため、次の戦術が使えなくなります。

②序盤(Lv2の間)
このレベルでようやくミクサに仕事が出てきます。それは、多少の被弾を覚悟で敵キャストにヒートインパクトをあてに行くことです。幸い、ヒートインパクトは発生が早く、ダメージも大きいため、相手キャストに当てれば下がることを強要することができます。仮に当てられなくても、相手はヒートインパクトを警戒してあまり前に出てきません。そうすれば、こちらのファイターが兵士を刈りやすくなるため、レベル差をつけることができるでしょう。

なお、ここで撤退は避けたいです。経験値の稼ぎ的にかんがえて相当遅れます。そのため、あまり無理しないことも必要ですね。

③中盤
ミクサの最強スキルであるランフレアの解禁からがミクサの勝負です。広い範囲と高いダメージでガンガン兵士を倒していきましょう。このときのミクサはファイターよりも圧倒的に兵士の殲滅力が高く、経験値稼ぎ頭として働くことができます。
うまく、レーンをわたれれば相手より50%ほど早いスピードでレベルを上げていくことができるでしょう。
また、殲滅力が高いと言ってもアタッカーです。ヒートインパクトも絡めてキャストの撃破も狙えるときは狙えるときは狙っていいと思います。しかし、兵士を倒してのライン上げよりは優先度が落ちるので、本当に有利なとき意外は狙わないほうが良いです。てか、ミクサはタイマン弱いです。ヒートインパクトを当てたら逃げが無難です。まじ、ストレート2発で死亡する可能性は伊達じゃない。

④終盤
終盤はSRスキルのバーニングフレアを森から闇当てを狙いたいところですが、はっきり言って当たらないので、相変わらずラインフレアでの広範囲爆破が主流となります。巨人もラインフレアで対処しできるので、積極的にキルしたいところです。
そして、一番重要な役目がワンダースキルを用いての拠点速攻撃破にあります。
ミクサのワンダースキルである、ホーリーインフェルノはダメージを与え続ける範囲を展開し、スピードが上がる完全な自己強化ですが、なんとこれ、兵士がのけぞります。そのため、前に進むだけで相手兵士が死んでいく異常事態が発生します。と、いいますか拠点殴っても兵士がこちら殴れないくらいには性能高いです。
そのため、味方兵士とあわせて発動すると30秒ほどで拠点を落とすことができます。このワンダースキルを上手く使うかがミクサの鍵と言えるところです。手薄なところがあれば迷わず発動して、一気にゲージを削らせてもらいましょう。
また、ワンダースキル中に相手にヒートインパクトを当てるとそのまま殺せます。のこのこ来た敵はおいしくいただきましょう。

まぁ、簡単ですがこんなとこです。他にも、森の利用とか、ラインフレアの引き方とかいろいろありますが、基本は上だと考えてます。困難でも、アベレージが600くらいなんで参考にはなるかと。



と、言うところで今日はこの辺で。次回はキャラのファーストインプレッションなんかかければと。TCGのとられるかもしれませんが。では、あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!

ここがどこかも、夢か現かもわからん。だったらおいは、突っ走ることしか知らん!

日本語(ひのもとことば)しゃべれよう・・・どうも、漆黒です。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、私は普通に忙しいです。気が付けば、たまりにたまってる仕事がヤバイ。
まぁ、どうにか暇を見つけてブログは更新できればなぁ、とか思ってます。

つうわけで、今日は新弾のSR考察でも。途中でで力尽きなきゃ。
あ、正式名称とか画像は調べろ。俺はそこまで優しくない。




・新イノセントスター
強いですね。5コスト効果もちとして十分な打点を持ちながら、手札にイベントを引っ張ってくることが出来ます。
そのイベントを引っ張る効果は驚くべきことにデッキ上から10枚の超広範囲。PLを縛る必要がありますが、
旧イノセントスターとのかみ合わせ、めざめよー。の使用が可能な点を考えれば、特に気になるレベルでもないでしょう。
更に、PLを指定していないデッキであれば、こいつを採用することで確実に守り札を手札に加え、デッキの安定性を向上させることができます。
白のイベント採用デッキの安定性を爆発的に上昇させるカードなので、集めておくべきカードだと思います。

・アザゼル
とりあえず、女の子です。彼の者を読めない人がいるとか、激しくドン引きでした。さすがに、馬鹿でいいと思います。
まぁ、それは置いといて、性能は最初、目を疑いました。7コスト10500の高い打点に加え、
イベントを墓地から除外すると言う非常に軽いコストでNSにいる相手ゼクスを文字通り消し飛ばすことが出来ます。
しかも、除外するイベントの色を問わないと言う汎用性の高さ。確実に、今後のコントロール系デッキのフィニッシャー筆頭になると思います。
また、白では初のコスト制限が無く、発動が容易な遠隔除去もちゼクスです。
相手のゼクスの破壊が必要と1トリガーはさむ必要はありますがそれでも待ち望んだカードだと思います。
とりあえず、イラストも相成り、トップレア筆頭です。さすがに強い。

・マルキダエル
こちらはVジャンプの応募者全員サービスから。5コスト7500の打点を持ち、能力は自ターン限定ですが、白1コストでIGを試行できるとんでもユニット。
D0をやったことある人はある種、プランできると思ったんじゃないでしょうか?
さすがに、プランほどの汎用性はありませんがそれでも十分強力な効果だと思います。
何より、チャージに依存せずにIGを行えるため、相手の計算を狂わせることが出来ること、ESも発動可能なため、チャージ利用系ESが使いやすくなること、
白1コストで墓地肥やしが行える事が非常に強いと思っています。特に、墓地を能動的に肥やせるのは各種墓地利用デッキには希望の光になると思います。




・新レルムレイザー
新しいレルムレイザーはパワーこそ低いですが、軽いコストで5コスト以上を破壊できる強力な効果を持っています。IG2枚で抜かれてしまう脆さですが、
ぶっちゃけ、他の除去内臓カードも大体IG二枚で抜かれるのであまり関係ないと思います。むしろ、高コストへの牽制力ならこちらが既存よりも上です。
こいつを軸に除去満載にして、攻め札は旧レルムで使いまわすデッキとかが非常に面白いと思います。
旧レルムと合わせて、黒デッキの安定化に一役買えそうな良カードだと思います。

・ベッキー
4コストでそのままでは6000の能力なしですが、追加で3コスト払うことで高コスト除去+ハンデスの超アドバンテージカードになります。
若干、玄人好みのカードではありますが、使いまわしやすい4コストであり、回収が容易なトーチャーズであり、ハンデスと除去を同時に行えると言う、
非常に他属性なカードです。特にフィデースとは非常に相性がよく7コストで効果使用から除去+ハンデス→8コストでフィデースから展開して除去+ハンデスと
流れるように動くことが出来ます。白の4コストサポート郡と相性が良いのも好印象です。
とりあえず、ウロボロスでつめる除去札と言うだけで私には需要があります。

・スペルビア
いろいろと巷を騒がしている外道。能力は、相手のNSへのプレイに対して手札コストを要求すると言うもの。通常、手札消費を抑えてくれるIGがハンデスに変わるのは脅威の一言です。もし、相手がIGしなかったとしても、こいつを倒すのに1枚+効果で1枚なので、簡単にアドバンテージが取れます。ベイン、ハジェスに変わる概念として、環境に影響を与えてきそうですね。
まぁ、個人的にもIGをメタれる能力なので好きなほうです。しかし・・・あの、ソリトゥスの話し見てから気に食わない。策士面して勝ち気取ってるあたりうぜーです。しかも、最後は撃退されてるし。あれだよ。策士は笑みが引きつったら負けなんだよ。のぶのぶが言ってた。
でも、まぁ、強いし使われるんじゃないすかね?以上。




・ウェアパンサー
5-7500の効果持ちで、スペックは十分。で、能力は緑2コストで+3000を一回投げれます。まぁ、地味です。
しかし、よく考えると、釣って来やすい5コストが2コストでぱんぷ撃ってくるとなると、非常にうっとおしそうではあります。緑は最近、エネを起こすイベントやキャラも充実してきたので、つめてみたら楽しいかもしれません。
後、ソトゥ子とあわせると6コストで2面生めて10500を狩れるすばらしい性能に。エネがあまれば更に相手ターンの防御もこなせます。あと、新アサギでいきなり飛び出してパンプするとか。
と、まぁ、5コストゆえにいろいろと組み合わせがあるので考えてみようと思います。

・新ノーブルグローブ
まぁ、つよいっすよね。範囲とコストが軽く、本人のスペックも十分となると、なかなか隙の無いカードです。デザイン的には旧ノーブルとあわせることを推奨しているんでしょうが、スペック的に厳しいので、リソリンでのフォローは必須だと思います。
また、色に指定が無いので、いろいろな7コストを呼び出せるのは良いところ。アサギでこいつ回収して守るもよし、普通に新エトナ出してかてぇ・・・って言わせるもよし。汎用性は高いです。
ただし、ジャガーと違ってエネが減るので無計画には使わないようにしましょう。普通に息切れしてにっちもさっちも行かなくなります。




・新ロードクリムゾン
スペックは目を覆いますが、赤が濃いデッキならほぼ確定除去内臓です。他の確定除去持ちのコストやサイズを見るなら、こいつは出るだけでよいと、破格のスペックを持っています。てか、6コストなので、月夜やら何やら、割と踏み倒しの手段が豊富なのもこいつを面白いカードと言える一員ですね。
てか、6コストで2面を確定で取れるのは破格なので、相手の攻めを返すには絶好のカードになりそうですね。かわりに、攻めは少し苦手なので、他に攻めのカードを用意したいですね。


・迦陵頻伽
人気投票を超えてやってきたカードです。能力的には、墓地をコストにコスト5以下を特殊召還するというもの。5コストなので、いろいろと出せる対象はありますが、スリープでの登場なのは注意が必要です。
対象としてまずあげられるのはみんな大好きペネトレイトでしょうか?相手を1枚除去しつつ、ぼちにかーどをおとして、次の迦陵頻伽効果を狙うことができます。あと、巷で言われるティラノは墓地コストのため、あまり相性は良くありません。
実は、バトル中に能力をいうことができるので、そこを悪用するコンボなんかも考えてみると面白いかもしれませんね。とにかく、エネを使わずに手数をあげられるカードなので、そこを生かしていきたいですね。

・ジェザー・ハトゥム
こちらはVジャンプから。とにかくイラストがかっこいいですが、能力は7-8500の低い打点ながら、軽減能力と高いばら撒き火力を持ちます。効果の発動条件も相手がIGを少し成功すれば達成されやすいので、以外に狙いやすいのではないのでしょうか?10コストあって、こいつ+ガムビエルでほぼ相手のIG1枚無駄にできるなんていう変な組み合わせもあります。
また。気をつけないといけないのは、こいつの能力はPS限定だと言うこと。PSに8500がいると、ほぼ相手から1点取られる展開が待っているので、そこは軽減であまったコストでフォローしていきたいですね。




・Type.III“Ch05Al”
トップレア候補らしいです。まぁ、絵がかわいいのと能力がそこそこ強いので納得。
まぁ、わしはあまり評価してません。選考最速で使えない+後攻最速発動でも相手にIG先にめくられると返しにならない+そもそも、3枚中にIGが無いといけないと、結構運任せです。まぁ、普通は3枚めくればIGが入っているのが普通なんでしょうが・・・わしは、あまりその確立を信じません。大体裏切られる。
そんなで、あまり評価していないのが現状です。たしかに、相手を倒しながらベアトリクスいえると言うのは強いんですけどね。。。まぁ、周りの研究を待ちます。


・新ヘリカルフォート
個人的に一番デッキを組みたいカード。青1コストと手札1枚でゲームオーバーを打てるというのは破格だと思っています。相手のIGを戻せば1ドローを無駄にさせることができますし、高コストを戻しても手札に行かないので、相手の出しなおしを防ぐことができます。各種デッキバウンスとあわせればシャッフルでトップのカードをデッキの中に沈めるなんてこともできそうです。
また、旧ヘリカルと相性が良いのもうれしい点です。旧ヘリカルで引き、新ヘリカルで守るデッキは非常に面倒なんでは無かろうでしょうか?
とりあえず、手札に戻らないと言う点がシャムとちがうので、そこを利点にできるようにデッキを作成したいですね。


長かった。おわったので、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!

ふふ、癖になっちゃうかも……

開幕に御下を鬼島津に使う→闘痕2状態になる→常に武力13の車撃ち気合鉄砲なバイオゴリラ爆誕
お久しぶりです。あけましておめでとうございます。漆黒です。
12月は業務がいそがしかったですまる


改めまして、皆様明けましておめでとうございます。漆黒です。
今年はおよそ三年ぶりに年末年始に休みが取れ、基本的に飲んだくれておりました。休みってすばらしい。

それは置いておきまして、自分は合いも変わらず、カードゲームばかりやっております。
年末にはなぜかバディファイトを始めたり、ヴァンガードの新しいデッキを作ったりと無駄にお金を使っておりましたが。。。
まぁ、そんなわけですので各カードゲームの近況を書きたいと思います。

・戦国大戦
一時期矢雨采配でがんばっておりましたが、やはりぶつかり合いが下手糞すぎて話にならなかったため、バイオゴリラデッキに最終的に落ち着きました。
とりあえず、ぶつかり合いをせずに只管に局地戦に終始して勝ちを拾う謎のデッキとなっております。
特筆すべきは闘痕状態の義弘の固さで、滅多な事ではおちない壁役兼自走砲です。
そこにSR豊久の突撃能力が加わって局地戦では無類の強さです。代わりに、ぶつかり合いになった場合はSR豊久にかけるしかなくなるため、もろいのが難点ですね。
とりあえず、今は矢雨采配で作った借金を取り合えすために頑張ろうと思います・・・


・Z/X
わし、こんなにゼクス弱かったっけな・・・?ってくらい、勝てない。そのせいなのか、デッキ構築がひじょーに迷走しております。
安定して勝てそうなのがESラズベリルティラノというクソデッキしかない危機的状況なため、目下新しいデッキを模索中です。
案的には、除去を此れでもかと突っ込んだ除去コントロールかIG嫌いと言わんばかりにチャージをメタるデッキの二つですかね。
とりま、暇なときにチャージメタデッキは作成してみたいと思います。
後、新SRが全部出揃っていますが、それはまた後日考察したいと。今やると記事が長くなりすぎるので・・・


・ヴァンガード
オラクルのストライドデッキを作りました。新カードたのしぃぃぃとか言いながら、ストライドばっかりしてます。ハンドはすげー肥えるので楽しいことは楽しいです。
でも、たぶんその内飽きる。飽きたらどうするかは考え中。それなりに強いので、我が君にあげる?


・バディファイト
友人に誘われホイホイ始めた。ラグナロク撃って脳汁出すデッキになってました。しかし、あんまりにも勝率悪いので近々改造予定。
アースガルドのデカ物でガリガリするデッキが出来そうです。ガルド系のイベントを何枚採用するかでだいぶ感覚が変わるので、そこはやりながら調整ですかね。。。
後、なぜかドラムデッキも組む羽目に。まぁ、面白そうだから良いんですが、どうしてこうなった?


と、現状はこんなところです。とりま、ゼクスのSR考察は早めにやりたいなぁ。次の弾は確実に環境を変えに来てるので。

では、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!

おいのこの手で、勝利を掴み取るんじゃ!

おいは諦めを知らん!どうも、漆黒です。風邪引きました。だるいです。


さて、去る23日に綾瀬杯チーム戦に出場してきました。まぁ、とりまレポでも。

とりま、朝は寝坊しなかったが、声が出ない。さっぱり声が出ない。あほほどうがいをして浅草橋に出発。
駅前でメンバーと合流し、会場へ。
・・・なんも、無かったよ?道決めたのわしじゃないし。うん。

で、大会内容。

チーム名:チーム首置いてけ
メンバー
先鋒:サノ   白黒ウリエル
中堅:しき   緑黒ウェアアントラー
大将:漆黒   青赤黒田官兵衛

・・・おい、やる気あんのかこの組み合わせ。しかも、先鋒とかの割り振りが、コスト順だぞ。
まぁ、明らかに遊びにきた感じで、「お昼には秋葉だな」と、会話しながら一回戦。
なお、お守りのSS島津豊久をPC裏に指して開始。

1次予選1回戦
対戦相手:チーム戦初心者

わしの戦績:0-1
チームの戦績:0-1

官兵衛は決まりました。しかし、相手のバウンスの壁があつ過ぎて突破できませんでした。てか、シンクロトロンさん、IGで落ちすぎじゃね?そして、マッドハッター引きすぎ。しかも、官兵衛は早々と相手にばれるしな!まぁ、決めれたから満足です。相手も笑ってくれましたし。

1次予選2回戦
対戦相手:グラとアンコとキラーマシーン

わしの戦績:1-1
チームの戦績:1-1

テーブルにつくと、なぜか脚立が。

「ヘッドジャッジ裁定でこれはイスです」

・・・うん。まぁ、わしはえーけど、しきがスカートでかわいそう。と、思ったら奥から勇者がイスを交換しに来てくれました。
とりま、勇気行動に拍手ー。
対戦内容は、最速官兵衛。初手に官兵衛2枚あるとか狙うしかないと思いました。つうわけで、ドロソをたたきつけることだけを念頭でプレイ。そして、2回目の猫の恩返しで普通に引く。
とりま、そのまま官兵衛が処理されずに勝ちました。イヤー、強いなー環境だな-。

1次予選3回戦
対戦相手:正義の味方ヴィッカーマン

わしの戦績:1-2
チームの戦績:2-1

官兵衛がおちるおちる。もう、官兵衛を諦めて、殴りに行きます。まぁ、負けたんですけどね。アンフィスバエナが活躍した床だけ覚えてる。
なんか、中堅が負けしで1次予選突破。うわ、うちの中堅強い。

実はここら辺から咳き出る。のど痛いお。


2次予選1回戦
対戦相手:まきりんぱな

わしの戦績:1-3
チーム戦績:3-1

官兵衛おちすぎぃ!はい、普通に負けました。速攻強いナー。・・・わしはコントロール好きだけどねー。今回も活躍するアンフィスバエナ。ほんとに小回りが利いて強いなこれ。
そして、中堅強い。なんぞ、これ。


2次予選2回戦
チーム名:DimensionO's

わしの戦績:1-4
チーム戦績:3-2

オーズ!オーズ!オーズ!Come on!
すいません。メダルはどこですか。
対戦内容は、見事にフリーズワンショットで負け。まぁ、あれは始まると白のエネ寝かしかヴォイドが出ないと負けるのでしゃーなし。まぁ、コンセプト的には面白いので、見てる分には楽しかったですな。
そして、引ききるマッドハッター。お前は何しに来たんだ。

2次予選3回戦
チーム名:あーいきそう

わしの戦績:2-4
チームの戦績:3-3

最速官兵衛。返しにアンコで処理されるも、PS官兵衛が抜かれる前にシンクロトロンとアンフィスバエナ投げつけてゴリゴリする。相手が処理に困っているのにさらに同じような動きし続けて勝ち。
チームは残念ながら負け。

そんなで、2次予選敗退でした。Z/Xレアデッキ3つでよくもまぁ、ここまで着たなと思いました。まぁ明らかに中堅の戦績が良かったからですけどねー。中堅負けると負けるチームです。


と、まぁ、綾瀬杯はこんなもの。風邪引いてて、詳しいところまで思い出せない。。。

なお、帰りに千葉で戦国やったらSR初芽引いた模様。これで、三成使える。



とりま、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。いつも土日は某TCGショップでカードゲームしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。