スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我ら、天下最強・井伊の赤備えなり!!

我ら赤備えが、合戦の火蓋を切る!どうも、漆黒です。オヒサシブリデス。仕事大変だったんです。

あらためまして、こんばんわ。漆黒です。なんか、終電が友達でした。更新できない。。。

とりま、戦国はボチボチやってます。てか、赤備えしか使ってませぬ。開幕強いって良いよね。なお、傲慢には勝てません。てか、はやりデッキに勝てないです。しかし、せりふがすげーかっこいいのでお気に入りです。

あと、ゼクストリーム出てきました。45分で終わりました。泣きたい。

てなわけで、久しぶりなのに書くことがありませぬ。てなわけで、最近ははじめたワンダーランドウォーズの話でも加工化と思います。


さて、ワンダーランドウォーズの話ですが、基本的なこととか、どんなゲームとかかは他の人が書いてるので割愛します。で、何を書くかというと、自分がずっと使っているミクサの運用でも書こうと思います。では、以下から。


私的ミクサ運用論

WLWのミクサはマッチ売りの少女がモチーフのキャラで、見た目に反して超・高火力が売りのキャラです。かわりに、体力が死んでおり、一撃で戦闘不能になる可能性がある、ビーキーな仕上がりになっています。

さて、そんなミクサですが序盤、中盤、終盤でかなり動きを変える必要のあるキャラだと思っています。なんで、そんなところをつらつら書こうと思います。

①最序盤
はっきりいますが、序盤のミクサは弱いです。ドローが弱く、前に出れる体力も無く、移動力も並みのミクサは序盤のレーン戦ではお荷物に近いです。その為、レーン戦では積極的には前に出ずに兵士の後ろからドローとストレートでけん制を行いましょう。
なお、敵に目をつけられるのはご法度です。体力を削られるとそのまま帰城コースのため、次の戦術が使えなくなります。

②序盤(Lv2の間)
このレベルでようやくミクサに仕事が出てきます。それは、多少の被弾を覚悟で敵キャストにヒートインパクトをあてに行くことです。幸い、ヒートインパクトは発生が早く、ダメージも大きいため、相手キャストに当てれば下がることを強要することができます。仮に当てられなくても、相手はヒートインパクトを警戒してあまり前に出てきません。そうすれば、こちらのファイターが兵士を刈りやすくなるため、レベル差をつけることができるでしょう。

なお、ここで撤退は避けたいです。経験値の稼ぎ的にかんがえて相当遅れます。そのため、あまり無理しないことも必要ですね。

③中盤
ミクサの最強スキルであるランフレアの解禁からがミクサの勝負です。広い範囲と高いダメージでガンガン兵士を倒していきましょう。このときのミクサはファイターよりも圧倒的に兵士の殲滅力が高く、経験値稼ぎ頭として働くことができます。
うまく、レーンをわたれれば相手より50%ほど早いスピードでレベルを上げていくことができるでしょう。
また、殲滅力が高いと言ってもアタッカーです。ヒートインパクトも絡めてキャストの撃破も狙えるときは狙えるときは狙っていいと思います。しかし、兵士を倒してのライン上げよりは優先度が落ちるので、本当に有利なとき意外は狙わないほうが良いです。てか、ミクサはタイマン弱いです。ヒートインパクトを当てたら逃げが無難です。まじ、ストレート2発で死亡する可能性は伊達じゃない。

④終盤
終盤はSRスキルのバーニングフレアを森から闇当てを狙いたいところですが、はっきり言って当たらないので、相変わらずラインフレアでの広範囲爆破が主流となります。巨人もラインフレアで対処しできるので、積極的にキルしたいところです。
そして、一番重要な役目がワンダースキルを用いての拠点速攻撃破にあります。
ミクサのワンダースキルである、ホーリーインフェルノはダメージを与え続ける範囲を展開し、スピードが上がる完全な自己強化ですが、なんとこれ、兵士がのけぞります。そのため、前に進むだけで相手兵士が死んでいく異常事態が発生します。と、いいますか拠点殴っても兵士がこちら殴れないくらいには性能高いです。
そのため、味方兵士とあわせて発動すると30秒ほどで拠点を落とすことができます。このワンダースキルを上手く使うかがミクサの鍵と言えるところです。手薄なところがあれば迷わず発動して、一気にゲージを削らせてもらいましょう。
また、ワンダースキル中に相手にヒートインパクトを当てるとそのまま殺せます。のこのこ来た敵はおいしくいただきましょう。

まぁ、簡単ですがこんなとこです。他にも、森の利用とか、ラインフレアの引き方とかいろいろありますが、基本は上だと考えてます。困難でも、アベレージが600くらいなんで参考にはなるかと。



と、言うところで今日はこの辺で。次回はキャラのファーストインプレッションなんかかければと。TCGのとられるかもしれませんが。では、あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
スポンサーサイト

kam…kam… Die Nacht kam Das Sieben Märchen… Lalala…

Märchenがすごくいいです。どうも、漆黒です。Märchenばっかり聞いてます。



あらためまして、こんばんは。漆黒です。実は漆黒はサンホラー。楽しみにしていたMärchenはやはり、いい出来でよかったです。第九はびっくりしましたが。




まぁ、そんなことよりもカードゲームのはなしですかね。このブログ的には。と、いってもあんまり話すこともないのですが。
まぁ、強いてあいるとすれば、最近、友人がISE・エビブラックのデッキを作り始めたことでしょうか。それなりに、強くなったと思います。と、いいますかプランからドロー締まるからなのか、絶対に失恋が3日飛んできますwwひどいww
あ、そういや、ISE持ってる人いたら交換希望です。なんだか、1枚足りないらしいので。一応、色々出せるものはありますが。終身雇用とか、終身雇用とか。・・・いや、5枚あってもしょうがないんですよ。実際。余ってるのもったいない。





まぁ、そんなことなので、今日はメタルロブスターについて話してみましょうか。






まず、メタルロブスターは青の大陸では、カッコよさの象徴。ヒーローとして位置づけられているらしいですな。たしかに、ダサいように見えて意外とかっこいいのがメタルロブスターです。絵は、K2商会さんが多いでしょうか?あの人のロボとエビはガチです。
カードとしては、青の団結種族として存在しています。得意技は手札を増やすこと。そして、手札に帰ったり、1歩歩くなら無料だったり、手札があるとパンプしたり割とトリッキーな動きをしますね。今回のV-2にエビシーフが再録されているので見た人も多いのでは?
しかし、フィニッシャーがあまりおらずに手数が命となるのが玉にきずでしょうか?ABモードとか大型もいるんですが、どうもパワーが低めに設定されがちで・・・唯一いけそうなフィニッシャーがエビゴールド。ペガサスとの合成種族で、8000のスマッシュ3でなんと、バトルに勝つとダメージが回復するという無双仕様。同族を食べて動けるので意外とぴょんぴょんできるのも魅力と言えば魅力です・・・と、いいますか、場合によっては確定除去でしか倒せないスペックです。投げつけで倒すのは不可能とみていいでしょう。ミラージュ投げつけて死なないとか何でしょうね?
後、忘れてはいけないのがエビブロンズ。エビ+ペガサスの合成ですが、何と合成されたときに相手のカードをすべてバウンスします。ベースもユニットも全部です。あ、エネルギーはそのままですが。しかし、全部とは大きく出たもので、タイミングによっては完全に盤面がひっくり返ることもしばしば。
と、いいますか、今はエビヒーローやら、歪曲やらで意外に合成しやすそうな気がします。しして、合成したらしたでなんか、すごいアドバンテージ。…実はいけそうな気がします。まじめに考えようかな・・・友達のだけど。





と、なんかとりとめないですがエビはこのくらいでしょうか?レジピがあげられたらいいのですが、あいにく、エビはみんな友達に投げているもので・・・一度作ってみたいとは思うのですがねぇ・・・






と、深夜の更新でした。朝早いのに何やっているのか・・・それでは、皆様。自分は寝ますので、あでゅー。


徒然と…ストラクチャーの話

こんばんは。大学でモンハンやるために残っていたら、周りも同じ穴のむじなでした。どうも。漆黒です。






さて、実は本日は大学だったためにまったくカードに触れていません(爆)しかし、ブログは書きます。なるたけ更新したいじゃないですか。







そんなこんなで、本日はストラクチャーな話。





D0は現在は新しいストラクチャーの情報は出ていません。魔剣と流星が手に入らない今、新期の方に勧められるストラクチャーがないというのは、とても厳しいことでして・・・どうしても、既存のユーザーが自分のカードプールを削って初心者に渡す、と、いう事があるのが今の現状だと思います。それも、確かにありなんですが、既存ユーザーたちのカードプールも無限ではないのでいつか、限界が来ます。その前に、ブロッコリーさんには是非、ストラクチャーの発売をお願いしたいのですが・・・難しいんでしょうか?すくなくても、自分が行くお店ではV-2が入荷するたびにすぐ売り切れるという盛況ぶりなんですが・・・(と、いいますか買いすぎてD-0全般のパックがないです。きびしい。)やはり、予算削られているんでしょうかね・・・・





まぁ、でもこの際、ストラクチャーがなかった場合でも、なにかいい商品案はないものか?そう考えたところ、こんなものを思いつきました。


ディメンション・ゼロVセンチュリー Vシールドパッケージ!

内容
V-1 覚醒の刻 1パック
V-2 栄光の鐘 1パック
Vカード 12枚(絵柄はランダムです)
イラストパラレルのカード何か1枚。
説明書
プレイマット(紙)

定価 1200円くらい。



定価とかは適当なのであまり気になさらず。こう、自分はVはやはりVシールドが楽しいパックだと思うんですね。それに、Vシ―ルドってD0の面白さを伝えるのが一番楽なレギュレーションだと思うんですよ。自分の手札と相談する戦略性とか、中央投下での迎撃とか、自分が動くタイミングとか、プランのドキドキ感とか。初心者同士でも、初心者と既存プレイヤーでもワイワイ遊べますし。ついでに、色エネもあまり考えなくていいので初心者は楽ですしね。で、1回買えば、あとはパックを買い足せばVシールドがもう一回楽しめるのが。まぁ、それだと初動だけ売れそうなので、Vカードとイラパラは新期イラスト必須でしょうけど・・・それでも、これなら初心者の方に手軽に手に取ってもらえそうでいいと思うんだどなぁ。で、何回かやってデッキっぽくなったら、そこからD0にはまってくれるでしょうし(D0はデッキ構築が本当に楽しい。最初の仮組からチューンに至るまで)こっちも、勧めやすいので・・・









と、いろいろ書きましたが実施どうなんでしょうね?企業と言うのは売れる確証がないと商品を出さないので、こんな穴だらけな企画は却下されそうな気がするな・・・でも、いわずにはいられない。だって、D0楽しいから終わってほしくないもの。うん。






と、いうわけで、今日はここまで。それでは、あでゅー。

今日は一次選考・・・エントリーシートうまく書けるかな?

本日、初めての一次選考があり、若干緊張しています。漆黒です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?




上で言った通り、今日は企業の1次選考があります。エントリーシートと、筆記試験があるんですが・・・ぶっちゃけ、上手くできるかまったくわからない。全力は尽くしますが、はたして自分の持っているものがどこまで出せるのか・・・不安です。








さて、それはさておき、前日のお昼頃にD0の対戦動画をうpしました。まぁ、ルールミスがあるので、何ともいい難い出来ですが・・・飛燕の除外能力をしっかりすっかり忘れていました。この場でもじゃ罪いたします。吸いませんでした。。。。






それで、内容なのですが、青黒シュレーゲルと赤単ブレードマスターの対戦です。ブレマスの方は一応Vセンチュリー+クイックスタートで組めるデッキがコンセプトです。じゃないと恐らくは黒が入るんだと。
対して、青黒は実験段階ですが、シュレーゲルデッキです。まぁ、アイスドラゴンデッキとも取れますが。、無限を内蔵したちょっとしたびっくりデッキですね。詳しい内容は動画をどうぞ!








ところで、皆さんはアイスドラゴンについてどう思いますか?なんだか、巷ではチートだの、壊れだの、環境が―とか言われていますが?実際どうなんでしょう?たしかに、1ターンでスマッシュ7点入るのは脅威ですが、それなら、これまでも色々とあった気がします・・・これは、自分で使ってみた感想なんですが、どうも、いわれていたより強くはないような気がしてきました。あ、いや、確かにカードを3枚タダで使えるのは強いんですよ?簡単に考えて、1枚が4枚の化けるようなものですから強いにきまってます。


 でも、こう、使いたいカードをデッキに組み込むのが難しいと思うんです。


どういう、事かと言うと、普通はアイスドラゴンで使いたいカードとなると、やはり重いカードになるわけですが、あんまりにも詰むとアイスドラゴンが9コストの事もあり、デッキが非常に重くなります。そうすると如何せん今の環境だと、そのまま追い込まれる可能性もあるわけで。。。それを嫌って序盤対策カードを入れると、アイスドラゴンでそれを打つはめになって、あんまりアドがとれなかったり・・・ようするに、非常にデッキ構築がシビアになりがちなんです。しかも、禁呪のスロットはもちろんないので、スペースも圧迫されます。だから、実は勝ち残るアイスドラゴンはそんなに多くないんじゃないかなぁ、と思ってます。すくなくても、自分にはあの青黒シュレーゲルが一番ましなコンセプトでした・・・タスヴィーリーがうそくさいですが。





まぁ、アイスドラゴンが弱いわけではないですが、騒ぐほどではないのでは?ってことがいいたいわけです。まぁ、自分の考えですが。(と、いいますか他のドラゴンを比べて場アドが弱い気がする・・・)構築次第だとは思うので、これからも色々考えると思いますが、今のところはそんな感想です。







・・・・なんだろ、とりとめない文章だなぁ・・・まぁ、恐らくこんな感じで進むブログです。よければお付き合いください。それでは、あでゅー。


プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。