スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方伝説獣 第2話 勾玉

東方伝説獣 第2話 勾玉

博麗霊夢の朝は早い。いつも、縁側でお茶を飲みながら、のんべんだらりと生活していると思われている霊夢だが、以外にも神社の運営はきちんとやっているのだ。
朝早くに起き、まずは社の雑巾がけから、境内の掃き掃除までをきちんと行っている・・・もっとも、宴会の次の日はその限りではないが。ついでに、朝の日課に修行が含まれないのも霊夢らしい。
「あぁ・・・毎朝毎朝面倒だわ・・・だれか、代わりにやってくれる人いないかしら。」
そう、ぼやきながらも境内の掃き掃除を続ける霊夢。何と言おうとも、この日課をやめるつもりはないらしい。
祭神もわからず、立地も悪いためにあまり参拝客も来ない。そんな、さびれた神社であるがなんだかんだで霊夢はこの神社に何となく愛着を感じていた。
何かを、それこそ子供の頃からずっと、何か大きくて暖かい、目に見えないものが見守ってくれいているような気がしていたから。
成長するにつれて感じにくくはなってきているものの、その何かは霊夢にとっては心地良いものだった。
たしかに、この幻想郷の基点を支えるこの神社を守るという、博麗の巫女の使命を忘れてはいない。
しかし、それを除いても、博麗霊夢はこの神社を守りたいと思っているのだ。
「さて・・・掃き掃除はこのくらいでいいかしら?」
掃き掃除を終え、霊夢は最後のに日課へと向かう。ある意味、この瞬間は霊夢にとって1日の中で一番憂鬱な時間だといってもいい。
「はぁ・・・まったく・・・なんで、家の神社はこんな辺鄙なところに立てられたのかしら・・・?」
そう、賽銭箱の確認である。
そもそも、この博麗神社は参拝客が少ないというのは言った通りだ。そのため、当たり前のことだが、お賽銭は非常に少なくなる。空っぽなんてこともざらなのだ。
たしかに、この博麗神社は立地も良くないし、祭神の御利益もはっきりしない。
そんな神社だが、これではあまりにも悲しいではないか。霊夢は、この神社を気に入ってるからこそ、そう思っていた。
「まぁ、今日も入ってないんだろうけ・・・・ど・・・・」
しかし、今日は何かが違った。いつもは空っぽで、寒々しい感覚まで受ける賽銭箱の中。その中に1つだけ、淡く輝く勾玉が入っていた。
「お賽銭・・・じゃないわよね?なにかしら・・?」
そう言って、霊夢は賽銭箱に入っていた勾玉を手に取った。
見た目は何の変哲もない勾玉である。しかし、手に取ると何か温かい感じ・・・そう、この神社から感じる物と同じような感覚が手の中に広がった。
「・・・・・」
いつもの霊夢なら、賽銭箱に入っていた勾玉くらいのものなら行きつけの店に売り飛ばして、神社の運営費の足しにしてしまうのが常だ。
しかし、今回はそうしたくなかった。いや、何故だろうか?霊夢は、この勾玉をずっと持っていたくなってしまった。この勾玉から感じるものが、とても心地よく感じたのだ、
「・・・まぁ、たまにはいいかもしれないわね。もらっておきましょう。」
そういって日課を終えた霊夢は、その勾玉をどんなアクセサリーにしようか考えながら神社の奥へとはいって行った。












「6人か・・・今回は多かったな。」
「あぁ・・・皆良い生徒だったよ。」
人里では、あの夜に還らぬ人となった、里の狩人6人の葬式が厳かに行われていた。
しかし、死体は、ない。
あの夜、人里全体に響いた声の主と、その仲間はいくつかの遺留品だけを残して、みんな消えてしまったのだ。
通常、人喰いの妖怪に襲われてしまった場合でも、被害にあった人の骨等の硬いものは残っていることが多い。しかし、今回は本当に何も残っていなかった。それでも、どうにか見つけた本当に少ししかない遺留品で今回の葬儀は行われている。
「しかし、ひどい妖怪もいたもんだな。本当に全部食っちまうなんて。」
葬式の列から少し離れたところで、白髪の少女・・・藤原妹紅は口をい開いた。その言葉には、憐れみと・・・いくばくかの悔しさが含まれているようだった。
「・・・妖怪は人を襲う。それは昔から続いてきたことだ。仕方のないことだよ・・・」
「慧音・・・」
その言葉に、葬式の列に頭を下げていた少女・・・上白沢慧音は何かに言い聞かせるように答えた。
そう、ここは滅び行く幻想が集う幻想郷。ここでは妖怪は人を襲い、人はその妖怪を退治するという自然の流れがいまだに残っていた。そのため、人里の人間が妖怪に襲われ命を落とすことは珍しいことではない。
しかし、それでも、昨日までいた人が、そばで笑っていたはずの人がいなくなるというのは、さびしいものなのだ。
「しかし、巨大な鳥型の妖怪か・・・」
慧音はそう、空を見上げながらつぶやいた。その、巨大な鳥の妖怪はもしかしたら、この瞬間にもどこかの空を飛んでいて獲物を探しているかもしれない。そして、こう考えているうちにも此処に襲いかかってくるかもしれない。
・・・なら、そうの妖怪をほ放って置くことはできない。上白沢慧音は人里の守護者だ。人里を守る義務がある。それに・・・・
「・・・妹紅。私はその妖怪を退治しに行こうと思うんだ。」
「・・・慧音ならそう言うと思ったよ。」
そう、この幻想郷では妖怪は人に退治されるものなのだ。なにより、上白沢慧音はこの人里でずっと寺子屋を営んでいる。その寺子屋に昔通っていた人を・・・生徒をひどい目にあわされて、黙っていられるような教師では慧音はないのだから。
「うし!なら、今夜から?」
「そうだな。凶暴な妖怪のようだし、早めに対処したほうがいいだろう。妹紅の言うとおり、今夜から・・・」
「その計画、少し待って頂けないかしら?」
さっそく、その巨大な鳥妖怪の退治について案を練り始めた慧音と妹紅の間に、紫色のドレスを着て、白い日傘を差し、胡散臭そうな笑みを浮かべた一人の妖怪があらわれた。












「げ!スキマ妖怪!」
「紫殿でしたか・・・先ほどの言葉の意味は?」
「言葉のとおりですわ。先の巨大な鳥の退治の計画・・・少し、待っていただけませんこと?」
紫のその言葉に、慧音は眉をひそめた。この八雲紫は、胡散臭い言動と行動をとるが、幻想郷の管理者と呼ばれるだけあって、幻想郷のバランスを崩すようなことはしないことで知られている。
しかし、今回はその巨大な鳥の妖怪はすでに人里を襲っているのだ。ならば、退治されることに問題はないはず。なぜなら、それが襲い、退治されると言う、この幻想郷のルールであり、掟であるからだ。
「でも、その鳥が妖怪ではなかったとしたら?」
「!!」
私と妹紅は顔を見合わせた。妖怪では、無い?そんな馬鹿な。この幻想郷において、人を襲うのはすべからく妖怪だ。野生の動物もいないわけではないが、その動物の対処なら当然、人里の人間はわきまえており、ましてや狩りを生業とする人間が、その動物にやられてしまうとは思えない。ならば、襲ったものは妖怪であるはずなのだ。
「けど、狩人6人だぞ?普通の鳥なんかじゃ、敵いっこないぞ?」
「そうだな。しかも、そのうちの一人は能力持ちだった。小妖怪程度でもどうにかなっただろう。」
そう、だから、その妖怪鳥を退治するのに問題はないはずだ。むしろ、ここで紫が退治を邪魔することは妖怪側にてこ入れすることになり、幻想郷のバランスを崩すことになりかねない。
「・・・・幻想を宿さずに、幻想よりも強い力を持つ。そう言う物もいるのです。」
「・・・紫殿、なにを?」
「幻想に生まれず、人に生み出され、ただその人を襲う・・・そう、あれはそう言う物なのよ。」
「・・・紫。あんた、何か知ってるな?」
紫の言葉に、妹紅が問いただそうと声をかける。しかし、紫本人はどこ吹く風で、口元を扇で隠しうっすらと笑っていた。しかし、次の瞬間には引き締めた口元を晒し、慧音と妹紅にむけてこう口を開いた。
「あの鳥は本来なら、幻想郷へは入ってこない類のものです。幻想の力も持ちません。しかし、その力は幻想を凌ぐことさえあります。・・・あなた方二人は人里では、とても大きな存在です。それを今失ってしまう可能性がある。そんな選択肢はとてもとれませんわ。」
「大きなって、別にあたしは・・・・でも、それならどうするのさ?」
「・・・今はまだ噂でしかないが、その鳥は危険な存在なのだろう?なら、早急に手を打つべきだと思うが・・・」
「ご安心を・・・この私に、少々考えがありますわ。」
そう言って、笑った紫は何とも言えない、妖艶な笑みをしていた。












―――――生物とは子を成すものだ。
―――――本来はつがいとなった個体同士でその子は成される。
―――――しかし、この、世の黒い部分を濃縮したような鳥は、その理すら通じない。
―――――あぁ、今日も、知らぬうちに悪魔たちは増えていく。
―――――増えては喰らいあい、喰らいあっては増えていく。
―――――その、遺伝子(記憶)の促すがままに。





あとがき
あいだ開けすぎですね。面目ない。久々の更新です。理由は・・・まぁ、色々あったんです。恐らく、このブログでTCG関連の記事書くこと少なくなると思います。てか、書くことが実際ないし(爆)でも、やっぱりたまには書きたいなぁ・・・(どっちだ)
と、まぁ、こんなですが、東方伝説獣第2話です。需要があるかはわかりませんが、俺が死なない限りはどうにかして書きあげようと思っています。どうか、長い目で見ていただけるとありがたいです。
・・・でも、他の小説も考えてるんだよなぁ。東方×D0とか。・・・そっちも書こうかな。これ、TCGブログだし。
スポンサーサイト

東方伝説獣 第1話 影

第一話 影



いったい何が起こっているのだろうか?何時も通りの、夜の狩りの帰り道。何時も通りに獲物を仕留め、何時も通りに里への帰り道を下り始めたはずだった。
「逃げぇ!逃げぇ!」
「足ぃ、止めたらあかん!走れぇ!」
「う、うわぁぁぁぁ・・・」
今いる仲間は3・・・いや、2人。一緒に狩りに来ていた狩人仲間は、みんなやられてしまった。あの、とてつもなく大きな、大きなあの化け物に。
「与兵ぇ・・・おまえの、おまえの能力で慧音先生をば、よべんのかい!?」
「馬鹿言え!あんな、でっけぇバケモノ、慧音先生でも手に負えんわ!」
「でも、このままじゃ、確実に食われちまう・・・俺は、食われんのは嫌じゃあ!」
そんなことをいったって、どうすればいいのか。あんな化け物、どうすることもできない。
今は、先ほど捕まったのであろう、仲間を食らっているのか追っては来ていないが・・・それも、時間の問題だろう。あの化け物はその、大きさの割に、実に早く、”飛ぶ”のだ。地面を這いずる人間になど、すぐに追いついてしまうことは想像に難くない。
・・・なら、このまま逃げていいのだろうか?必死に走れば、人里にはつくかもしれない。
でも、その後は?あの化け物が追ってきてしまったら?・・・考えたくもない。
嫁のお梅や娘のたえ。おっかぁに、慧音先生。山の上には博麗の巫女様だっている。そんな、自分の大切な人たちや、この幻想郷にとって大事な人たちのいるところにあの化け物を連れていくのか・・・?
「な、何しとるんじゃ与兵!はよぅ、はよぅ、走れ!」
「・・・できんのじゃ!わしらが人里に走れば、あの化け物もついてくる!わしだって、食われるのは嫌じゃ!でも、嫁や!娘や!他の皆が食われるのはもっと嫌じゃ!」
「わ、わしだってそうじゃ!でも、食われるのは・・・ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ・・・・!」
来た。ついに来た。あの化け物だ。でも、逃げるわけにはいかない。俺はここで食われる。人里の場所を知られるくらいなら、ここで食われる。
あぁ、でも、あいつの存在をどうにかして、人里に伝えなければ・・・でも、どうやって・・・
「・・・!ハハ!せや、わしの能力は助け呼ぶためのもんと、ちゃうんや!」
俺の能力。いつも、いつも、妖怪に襲われた時に人里から助けを呼ぶのに使っていたが、そうだ。あれを使えば人里に、あいつのことが伝わる。断片かもしれないが、少なくても、注意を促すくらいはできる!
「皆、聞いてくれ!」
俺の能力は、”声を届ける程度の能力”。この能力で俺は、離れたところにいる生き物に自分の声を届けることができる。そして、今は、届ける生き物を、人里のすべての人に!
「狩人の与兵じゃ!声届けの与兵じゃ!」
化け物が旋回するのが見える。あまり、時間はない。
「わしらは、もう人里には、戻れん!でも、助けに来たら、あかん!」
化け物がこちらを向いた。そのまま、加速し、その口で、俺を飲み込むのだろう。
「鳥や!鳥や!化け物みたいな鳥や!鳥や!」
でも、何故だろう。恐怖は、ない。もう、眼前に化け物の口が迫っているというのに。
「・・・・すまんのぅ。お梅。」
最後にそう呟いて、俺は食われた。






「はぁ?でかい鳥の化け物?なによそれ。」
「そうだぜ。なんでも、腕利きの狩人が5人も食われたって話だぜ。」
博麗霊夢はその噂に半信半疑だった。狩人が、夜の森に狩りに出て食われることは多くはないが、起こらないわけではない。
しかも、魔理紗の話では、その鳥は山のように大きい鳥であったとの噂である。いくら幻想郷では常識は投げ捨てるものと言っても限度がある。
それに、
「馬鹿らしい・・・大体そんな鳥、今まで見たことないわよ。仮に外から来たんだとしても、そんな危険そうなもの、あのスキマ妖怪がほおっておかないわ。」
「あくまで噂だぜ。私だってそこまで信じてるわけじゃないさ。でも、狩人の最後の声が、鳥!だぜ?少なくても、何かはいると思うんだぜ。」
「どちらにしても、私の出る枠ではないわね。」
そう、博麗の巫女はあくまで、”人と妖怪の調停者”であり、”異変解決人”だ。その、博麗の巫女が不確定な情報で行動するなど、もっての他だ。
加えて今は、このお茶を飲むことに忙しい。霊夢にとってお茶の時間は何物にも優先したいものなのだから。
「つれないんだぜ。」
「そうですよ!霊夢さん!一大事だったらどうするんですか!」
魔理紗はつまらなさげに肩をすくめたのだが、隣にいた早苗は更に声を荒げた。
早苗が声を荒げるのは珍しいことではないが、ここまで真剣なのは珍しい。いつもなら、”常識にとらわれないモード”とも言える状態になっていることが多いからだ。
何が違うかと具体的に言うと、目が正常である。ぐるぐる目玉にはなっていない。今は通常モードでの運行のようだ。
「もし、その大きな鳥がギャオスだったら大変です!人里が襲われる前に発見して退治しないと!」
「・・・ぎゃおす?なによそれ?魔理紗、知ってる?」
「知らないのぜ。早苗が好きな特撮映画のキャラクターかなんかじゃないか?」
「え?皆さん知らないんですか?ギャオスというのはですね・・・」
早苗の話のよると、ギャオスとは昔に本当に日本を襲った、所謂、”怪獣”の一種らしい。
全長は最大のもので○○mもあり、その大きさに似合わずに空中での動きは俊敏であるとのこと。更に、肉食で人間を好んで捕食する性質を持つ上、繁殖力が非常に高く、日本で目撃されて以来、またたく間に世界中にその生息圏を広げたんだそうだ。早苗がこちらにやってくる前には毎年、たくさんの人が被害にあっていたらしい。
「・・・ですから、その鳥がギャオスだったら大変です!こっちにはガメラもいないのに・・・」
「ガメラ?なによそれ?」
「?ガメラは、ガメラですよ?」
「・・・まぁ、いいわ。でも、それなら大丈夫よ。」
「む?霊夢。どう言うことなんだぜ?」
「簡単よ。あんたたち、こちら側に流れてくるものの条件は何だった考えてごらんなさい。」
「スキマ妖怪の仕業だぜ。」
「スキマの仕業ですね。」
自信満々に答える魔理紗。横の早苗もうんうんと頷いている。・・・霊夢はちょっとだけだが、今度会ったら紫にやさしくしてやろうと思った。別にかわいそうだと思ったわけではない。ただ、ふと思っただけだ。
「~~~それもあるけど、もう一つの方よ。紫の絡まない方ね。」
「・・・・あ。」
「確かに、それなら心配なさそうなんだぜ。」
幻想郷とはこの魑魅魍魎跋扈するこの土地一帯・・・いや、むしろ一つの世界とも言うべきこの場所を指す名前である。
はるか昔、この地は妖怪と人間が普通に暮らす、普通の土地であったのだが、世の人間が科学を発展させ、闇を恐れなくなり、更に幻想を否定し始めたことにより力を失い始めた妖怪たちの未来を憂いた妖怪の賢者、八雲紫が作り出したものが、この幻想郷である。
幻想郷は二つの巨大な結界、すなわち、外界と幻想郷を遮断する博麗大結界、外界の非常識を幻想郷の常識と為す、幻と実体の結界に覆われている。そして、霊夢の言う話に関係のあるのは幻と実体の結界のほうだ。
幻と実体の結界は、常識、非常識の変換のほかに、外界で忘れ去られたもの、すなわち外界で幻想に至ったものを幻想郷へと引き寄せる働きを持つ。その働きにより、幻想郷へは外界から妖怪が引き寄せられ、幻想郷のバランスを保つことになっている。
「その、ぎゃおす?かしら?それ、外界では相当大きな話題になったんでしょ?」
「あ、はい。連日、新聞なんかもギャオスの話題でいっぱいでした。」
「新聞とは、あまり信用できないな。嘘が交じってそうだぜ。」
「魔理紗、それは今関係ないわ。確かに信用はできないけどね。・・・まぁ、それは置いておいて、そこまで大きな話題になったのなら、忘れされれることなんてそうそうないわ。大方今回のも、血の気の多い妖怪の仕業でしょ。」
「・・・たしかに、言われてみればそんな気もしますね。」
「でも、それならその妖怪を退治するのが博麗の巫女の仕事じゃないのか?」
そう言って、魔理紗はお茶を飲む霊夢にジト目を送った。相変わらずのんびりとしていて、梃子でも動きそうにない。
「いやよ、めんどくさい。それに、万が一そのギャオスだったら私が危ないじゃない。」
「・・・こいつ、やっぱり怠惰巫女なんだぜ。」
「それに、」
「?なんですか?」
「なんか、なんとかなる気がするのよ。何となくだけど。」
もし、その大きな鳥が外界で暴れたその、ギャオスであっても何とかなる。霊夢はなぜなのかは分からないが、そんな気がしていた。しかし、ただの勘ではない。幻想郷の博麗の巫女の勘なのだ。下手な予言よりも信じるに値するほどの的中率がそこにはある。
「また、霊夢の勘か。・・・なまじ、当たるから困るぜ。」
「まぁ、霊夢さんがそういうなら・・・」
そういって、3人の話は他のことに移って行った。幻想郷に入り込んだものの正体も知らずに。これから、この幻想郷がどうなっていくかも知らずに・・・












――――彼はずっと眠っていた。
――――はるか昔から、ずっと昔から
――――ずっと、同じ場所で眠っていた。
――――けれど、彼は感じている。己の倒すべきものを。己の果たすべき使命を。
――――そう、目覚めは近い。彼の同族がいる世界とは近くて遠い、この美しい世界を守るために――――







あとがき

なんか、始めたよこの人。みなさん、こんにちわ。漆黒です。ちょっち、何か書きたくなりまして・・・そんなわけで、幻想入りの小説です。プロットは出来上がってるんでちまちま書いていきます。まぁ、需要があるかは知りませんが・・・とりま、誤字脱字はチェックしているんですが、見逃しがあったら教えてください。いそぎ、修正しますので。では、今回はこれで。あでゅー。




いあ!いあ!あとらっくなちゃ!





プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。いつも土日は某TCGショップでカードゲームしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。