スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重い荷物を 枕にしたら 深呼吸・・・・青空になる

目を開けててもつぶっても 同じ景色は過ぎていくけど 今、見てなくちゃ・・・・気付けない





君を連れて行こう。悲しみのない未来まで。どうも。漆黒です。いい歌詞ですよね。悲しみのない未来。綺麗事だけど、皆が望む世界だと思います。


さて、テストも終わったことですし、更新しましょう。更新。と、いうわけで、この前佐東ふじふじさんのところにコメントしたのに合わせ、黒白バニラverレアなしです!






デッキ名:そうだよ。低価格デッキで勝ちたいんじゃない。本当は、それが一番いいんだもの。

黒ユニット

処刑人レオナルド  ×3
錯乱時計パニック・ヴォイス ×2
トール ×3
暗黒の鎧 ×3

黒ストラテジー
ナイトメア・ソルジャー ×2
暗黒の衝撃 ×2

黒ベース
呪術研究所 ×3

白ユニット

グラン・リベット ×3
大いなる杯の乙女 ×3
ペイントマンクイーン ×3
大陸アルドのケンタウロスナイト ×3
ソルティ・ドッグ ×3
監督官マイア ×2

白ストラテジー

白ベース
マザーシップ ×3
護身術道場 ×2



バニラコントロールです。軽くてパワーの高いユニットで相手を迎撃し続け、たゆまない回数のユニット回収によってアドバンテージを得て勝ちにいくデッキです。では、個別のカードの紹介を。




処刑人レオナルド
大いなる杯の乙女

このデッキの主役です。レオナルドは補給で1コストになり、スクエアから墓地におかれたときにテキストのないユニットを2枚回収する効果を持ちます。レオナルドを投げる→墓地からバニラを回収するで何故か1枚手札が増えるという意味不明っプリ。こいつをパニックヴォイスやナイトメアソルジャーで使いまわすと手札が非常に潤沢になります。
杯の乙女は、デッキからバニラを2枚サーチします。こちらも補給で3コストになり、手札も増えます。地味ですが、スマッシュが2なので、最後の詰めに暗黒の衝撃で釣りあげたりするとドヤが顔ができたりしますwww



錯乱時計パニックヴォイス
ナイトメアソルジャー

こちらは、墓地からの回収カードです。パニックヴォイスは1枚しか回収できませんが、繰り返し使えてレオナルドなんかを使いまわすと非常に強いです。
ナイトメアソルジャーは補給付きで、ユニットを2枚も回収できるすぐれもの。レオナルドを2回収すれば、バニラ4枚に化けたりと驚きですwww


トール

自分のユニットを1枚必要としますが、対象にならない相手まで倒してしまえるすぐれものです。このデッキは、バニラをポンポン投げつけてアドバンテージを取るデッキなので、加速持ちとかに弱いです。そんな時に使用して相手の厄介なユニットを駆除しましょう。


暗黒の衝撃
監督官マイア

どちらも、ユニットをリリースインさせることのできるフィニッシャーカードです。特に衝撃はその場その場に応じて、出すカードを変えることができるので使いどころを見極めるのはD0の練習には最適です。


呪術研究所

バニラユニット=ハンデスカードになる驚異のベース。できれば相手のユニットのプレイに合わせて出して、前進してきたユニットをバニラで打ち取るついでにどんどん相手の手札も道連れにしてしまいましょう。うまく行くと、相手手札0枚、こちら7枚とかひどい状況に・・・・


護身術道場

バニラユニットが対象にならなくなる、こちらもすぐれもののベース。このラインのソルティ・ドッグは既存プレイヤーでも対処に困ったりします。ようやく倒しても、レオナルドで回収すると・・・ガクガクブルブル


マザーシップ

バニラデッキでは驚異のエンジンとなりえます。このデッキにはバニラが15枚入っているのですが、それがめくれたならばドローが+1、それ以外でも、このデッキはバニラでない=アドバンテージに繋がりやすいカードで構成されているので、ドローの質が高くなります。最悪は、ベースがめくれることですが、それでもプラン1回分のエネは節約できているので、早めに張れば張るほどアドバンテージを生み出してくれるカードです。
ちなみに、能力の関係上、2枚目以降は意味がないのでエネルギーにしてしまいましょう。


各種バニラ達

デッキの中核をなすバニラたちです。基本は、弾丸のように相手のユニットに投げつける→レオナルドや杯の乙女でリロードを繰り返して、相手の対応力を奪うのが任務です。しかし、ソルティ・ドッグなどはアタッカーとして優秀なので、そのままプレイしても役に立ちます。
・・・ちなみに、暗黒の鎧ですが2コスト2000と貧弱です。しかし、スマッシュ1が思いもよらないところで活躍することも・・・・




各カードはこんなものです。さて、まわし方ですが、


序盤:ベースをそろえながら、バニラユニットで相手ユニットを倒してしのぎます。最大の目標はマザーシップを張ることです。

中盤:序盤に失ったアドバンテージを、ベースやレオナルド、杯の乙女で素早く回収します。あとは、序盤と同じようにジワリジワリと相手の戦力を削りましょう。

終盤:おそらく、相手の手札は少なく、こちらには潤沢な手札があるはずです。そのアドバンテージで一気に勝ちにいきます。マイアや暗黒の衝撃は相手の裏をかくことのできる切り札です。




このようになります、最後に馴れてきた+カードが集まったら入れてみたいカードの紹介です!





殺意

シルバーで、非常に手に入りにくいですが、補給で3コストで打てる圧倒的な除去。恐らくD0界で除去ストラテジーと言えばこれでしょう。


幽魔タスヴィーリー

こちらは、V-2で再録されているので比較的手に入りやすいです。能力は除去+リリースイン。非常に決定力のあるカードですので、採用の価値はあります。


信頼の証

こちらも、シルバーになってしまいますが、V-2のシルバーなので意外と余っている人がいたりもします。ドローソース件、1ターンの延命が可能なすぐれもの。手札、プランのどちらに来ても優秀なカードです。


ソーラービームサテライト

相手のベースが邪魔だよ!という方には、こちら。今、もっとも使われているベース割カードです。


天の羽衣の乙女

バニラのコストを下げるカード。ケンタウロスナイトが1コスト6000という、最強の迎撃要因になります。補給があれば、本人も2コスト6000と意外と役に立つスペックです。






さて、最後ですが、こちらのデッキは巷では”レオナルドコントロール”といわれるデッキです。たくさんの方が研究しているデッキで、形も様々あります。D0ではバニラにはあまり目を向けないかもしれませんが、初心者にも扱いやすいデッキですので、是非試してみてください。(そして、レオナルド教ににゅうし(ry)



それでは、あでゅー。





追伸:D0の動画ですが、テストが終わったのでようやく編集作業をしています。どうにか、今週中に1本はあげれるように頑張ります・・・
スポンサーサイト

そうだよ。だからこそ現実にしたいじゃない。

本当は綺麗事が一番いいんだもの。




おひさしぶりです。漆黒です。題の言葉が分かった人は俺の友達。






改めましてこんばんは。漆黒です。お久しぶりな更新となりました。理由は、先日まで大学の方でテスト週間なる宗教的なイベントがありまして、それに参加していました。大学に通っている以上仕方のないことですが、正直疲れます。興味がある事にはやる気が湧くんですがね・・・








さて、実はあまり書くことがございません。1か月ほどTCGを触っていなかったので当然ですね。なので、今回は色々なTCGの話をまとめてしようと思います・・・D0記事目当てでみていただいてるかたには申し訳ありません。








では、最初はD0の話を。





V限定構築のデッキが決まりません。作っているといつの間にか、Ⅳのカードが入っていて困っております。具体的には黒単でスージーとか、スージーとか、スージーとか。・・・いや、強いですよね、スージー。予選突破プロものアポカリプスとも相性ばっちりです。


と、話が変わりますが、プロモでイラパラを出してきたという事はようやく運営も本気を出し始めた、と言う事でいいんですかね?今のD0は既存ユーザーの方がD0布教に熱心なので・・・運営としてこれはいかんと、思ってくれているといいのですが・・・あぁ、これに合わせて、もし、D0を始めたいという方がいれば御一報ください。あまりRとかSRは入れられませんが、リクエストがあれば、それなりのデッキを御用意することもできると思います。気に入れば持って帰っていただいてもいいですし。ただし、そんなに量は作れません+あんまり、無理なリクエストはお答えできませんが。


あと、ついでですが、30日のクロスランブルは恐らく参加できません。テスト期間のせいでデッキができていないのもありますが、なによりも、今まで通常構築でデッキを組んでいました。V限定とかできてません。公式ェ・・・V限定だとか先日のメルマガで知りましたからね。できる気+勝てる気がしないので恐らくスルーです。








次に、ヴァンガードの話。


明らかにヒロイン=アイチの方程式が成り立つヴァンガードですが、26日発売のケロケロエースを2冊ほど購入しました。そのままでは、デッキが2つにならないのでブラスター・ブレードとドラゴニック・オーバーロードのプロキシを使用して遊んでおります。ブラスター・ブレ―ドが強いですね。主人公のカードが強いのはいいことです。某●ュエル・●スター●のボル●ャッ●・ドラ●ンは本当に弱くて・・・使っている子供に涙が止まらないほどでした。なので、その点ヴァンガードはわかってると思います。公開カードでも、ブラスター・ブレードサポートが出ているのでもっと強くなるんでしょうかね。

ちなみにルール的には非常に単純な中に奥深さがあって楽しいです。運ゲーと言われますが、意外とプレイングの要素も強くて、経験の差が出る気がします。相手のトリガーを見越したプレイングなんかも必要になってきますしね。そして、なによりデッキ構築が楽しそうです(漆黒はデッキ構築大好き)グレードの分配やら、トリガーの選択、テキスト持ちユニットの採用or不採用などなど・・・考えることが多くありそうで面白そうです。一応、手を出してみる気でいます。トライアルで様子見ですが。





次はChaos。


アージュが楽しみでなりません。それは、きっと漆黒がオルタ馬鹿だから。面白いよ。マブラヴオルタ。

で、デッキですが、R冥夜<207B冥夜になりました。R冥夜だとサイズ足りない+セットはずしに弱いでなじまなかったんですよね・・・とくに、セットはうちの彼女のデッキの関係上1ターン持たないので、使い捨て感覚です。なんで、皆流神威が必要なR冥夜はちょっと・・・って感じです。もう一個のデッキはR遥パートナー。最初はR水月だったんですが、耐久力の関係であきらめました・・・もう少し、相手を裏にする要素があればいいんですけどね。相手ターンに。今だと、エキストラたましかないので少々、きついです・・・










やべ、書くことなくなった・・・ネタがないのでヴァンガードの公開カードの話でも。






昨日(おととい?)
ういんがる 
クラン―ロイヤルパラディン
グレード2 ブースト
シールド5000 パワー6000 クリティカル1

自 このカードが「ブラスター・ブレ―ド」をブースとした時、ブ―ストされたユニットのパワーを+4000。


いきなり出た、ブラスター・ブレード支援ユニット。ケロケロエースのテ―ジャスとシャランのような関係でしょうか?19000でのアタックとなるので現状では非常に強いです。シールド5000×2かシールド10000の使用を相手に強いることができるために、プレッシャーは大きそうです。ブラスター・ブレードと合わせてリアガードに置いておくと相手はリアガードのブラスター・ブレードを倒すor毎ターン19000でアタックを受けることになるので判断に困りそうです。
欠点としては、6000というパワーの低さ。ブラスター・ブレード以外をブースとする時やういんがる自身にライドするには少々、心もとない数字です。そのため、以下にブラスター・ブレードの後ろに着かせるかが重要になるカードですね。





今日(昨日?)
ドラゴンモンク ゴクウ
クラン―かげろう
グレード3 ダブルドライブ
パワー10000 クリティカル1


自 このカードのドライブチェックでグレード3の〈かげろう〉が出た時、相手のグレード1以下のリアガードを1枚選び、退却させる。


かげろうのグレード3のユニット。クレステッドはやはりお試しカードなのですね。
能力的にはグレード3がトリガー付きのカードになるような物。グレード1以下とはいえ、リアガードを退却させる効果が弱いわけがありません。パワーも10000あり、相手に一方的に蹂躙させることはなさそうです。しかし、それでも、グレード3.シールドがないのであまり、デッキには多く積みたくないカードではあるので悩みどころですね。









さて、今日はここまで。それでは、あでゅー。



雷信兄さんやかがりと ずうーっと、三人で暮らせたらいいなあ

十朗の話はガチ。それで、なおかつラストなんかもう・・・どうも、漆黒です。




あらためまして、こんばんは。漆黒です。なんだか、D0のブログがいくつか更新されてるのを見たら、自分も更新したくなりまして・・・レポートあるのに何やるてるんでしょうね。



さて、それで今回は何を書くのか、と言うと、ちょっと、D0における色の事を書きたいと思います。ちょっと、既存のプレイヤーの方には暇な記事になりそうですが・・・どうにか、面白くできるようにがんばります。






まず、D0に5つの大陸があり、それぞれに色が振り分けられているのは御存じのとおりだと思います。


戦いを好み、太古の武器を使って戦場を駆け回る赤の大陸。
複雑な進化と、厳しい生存競争により、たくましい肉体を誇る緑の大陸。
大陸全土がすべてを朽ちさせる瘴気に包まれ、それ故に魔法等が盛んになった黒の大陸。
海底に沈んだ大陸であり、何よりも商売が盛んな青の大陸。
そして、太古の文明をいまだに保持し、圧倒的な科学力を持つ白の大陸。

この、5つの大陸がD0の世界観を形作っています。
そして、それぞれの色の特徴はと言うと・・・



赤・・速攻が得意で、抜群のビートダウン能力。また、ドラゴンが大陸を納める種族なためか、大型にも質のいいドラゴンがそろい、コントロールもこなせる。しかし、反面ほとんどの除去が火力なために、相手のパワーが高いと除去できない!なんてことも・・・

緑・・こちらも、ビートダウン能力はぴか一。自らスマッシュを食らう事でゲームスピードを速める戦術もこの色。みんな大好きなエネルギー関係も子の色ですね。また、ビートダウンにしてはサイズも大きくしやすく、一度攻め立てればかなり固い場を気付くことができる。しかし、反面、除去は苦手でコントロール力は低め。

黒・・除去と言えば子の色とも言える、コントロールが得意な色。基幹種族ヴァンパイアのおかげか、墓地利用も豊富で、アドバンテージがとりやすい。また、ビ―ト能力もパワーマイナスという強力な能力で意外にも高い性能を誇ります。しかし、代わりに素のパワーが高いユニットがあまりいないので、一度攻め込まれると脆かったりもします。

青・・手札増強は任せろ!と言わんばかりのドロー能力。D0は手札が非常に重要なので豊富な手札はビートにも、コントロールにも役立ちます。しかし、代わりに一部以外のユニットは少々制圧力が低め。しかし、決して優秀でないわけではないので、色の組み合わせ先としては一番選ばれている色。裏の色々とシメシメできる色と言う感じです。

白・・白は、サイズも大きく、ベースに一番触りやすい色でもあります。とくに、ベースは手軽にアドバンテージを稼げるカードが多いのでそれに対策できるのは非常に大きい。また、ユニットもエンジェルなどは”対象にならない”の一文がよく付いており、相手は対処にひと苦労します。しかし、代わりにユニット除去は苦手で、所寄与能力は他に一歩譲ります。




各色の大まかなイメージはこんなところでしょうか?そえぞれ、個性豊かで、単色でも色々なデッキが作れるのがD0のいいところです。しかし!D0は単色だけにあらず!色の組み合わせで無限の可能性が生まれるのです!白の足りない除去能力を黒で補ってみたり、赤の速攻に青の手札補充を足して切れ目なく攻めてみたり、かたや、黒のコントロール力に青の手札を足して、相手を封殺してみたり・・・2色だけでも、色々な可能性があります。



D0は非常にデッキ構築が楽しいカードゲームです。それ故、悩むことも多いですが、皆さんも自分の理想の色の組み合わせを目指してみては?それでは、きょうはこのへんで。あでゅー。









ちなみに、漆黒は赤緑青が好きです。手札にある大型振り回すのが楽しい。




佐東ふじふじさんのD0のルール解説動画がうpされています。



佐東ふじふじさんがD0のルール解説動画をうpされました。非常にわかりやすいのでこれからD0やりたい人は試聴推奨です。経験者の方はどんどん米して盛り上げましょう!自分も米します。レポート?後回し後回し。


以上、勝手に宣伝でした。後で、許可取らなきゃ・・・

もう・・・喰ったさ。ハラァ・・・いっぱいだ。

とらぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!どうも、漆黒です。題名のシーンは泣いた。まじめに。




あらためまして、漆黒です。じつは、D0の動画を今月は撮影できそうもなくてですね。他のものでお茶を濁そうかと。と、いうわけで深夜の更新です。なぜか?勉強に飽きたからさ。




と、いう事で今回もデッキの紹介です。ただし、今回は脳内構築。回るかどうかはわかりません!あしからず!
あ、V構築です。たぶん。




デッキ名:不動幽星



黒ユニット
ケット・シー   3
幽魔タスヴィーリー   3
ハデス   3
トール   3
幽魔ヘシュティー   2
錯乱時計パニックヴォイス   2

白ユニット
天魔エポナ   3
天魔クー・フーリン   3
ゼウス   3
天魔マナナン・マクリル   3
天魔エーディン   3
天空の神ハダー   3

黒ストラテジー
暗黒の衝撃   2
失恋の痛み   3

白ベース
タクティクス・グラヴィティフィールド   2

計40枚




何を思ったか天魔+幽魔と言うデッキです。コンセプトとしては、

エーディンとエポナはすぐやられる→なら、墓地から改修すればいいんじゃね?→でも、タダ除去られるとアド損だな・・・→幽魔でアド取ればいんじゃね?←今ここ


と、何とまぁ、な感じで出来上がりました。まだ動かしてないんですが、動きとしては、


エーディンとエポナを展開スターで攻撃+除去→除去されそうなエーディンやエポナは幽魔でアドへ、もしくはパニックヴォイスで回収からの再展開→タスヴィでとどめ。

こんな、感じでしょうか?一応、序盤しのぎにケット・シーを、大型対策にはタクティクスを採用しています。と、いいますか上手くエーディンやエポナを維持できれば天魔はアドの塊なので・・・と、いいますかクー・フーリンがおかしい。なにあれ?どうやって殺すの?しかも、いきなり中央に飛び出るとか、馬鹿なの?死ぬの?何度かあれで死にましたからね・・・いやはや。と、いうわけで、実はクー・フーリン使いまわしでも意外といける気もします。


こんな感じですが、入れ替えるとしたら終身雇用なんかもいいかもしれませんね。プランから打つと単純に手札が増えますし、パニックヴォイスを引けない場合の保険にもなります。意外と色々できそうです。後は、針山も意外とあいます。エーディンがいない時でもゼウスが腐らないのはいいですね。色々と弄ってみてください。自分もいじりますので・・・






さて、ここから話は変わり・・・・





ChaosのOS:アージュが発売しましたね。自分は買いました。7BOX+トライアル2箱。・・・そこ、買い過ぎって言うな。まだ、買いたかったんだから。いや、EXなのに50種類とかね。少ないよりもいいんだけどそろわない。そろわない。とりま、冥夜とか、あゆまゆとか、茜が足りない。だれか、デッキになりません・・・あ、冥夜は他で作ったんですけどね。いや、なんといいますか、207の冥夜のが強くね?と、思った次第で。ちなみに、某・頭文字な人は入ってませんがね。


他には、嫁R水月のデッキを構築中。Rの茜が強いの何のって・・・代わりに茜&水月が使えないのが予想以上に厳しいですが。つうか、君のぞはどうしてもパートナーが水月か遥になりがちなので、エクストラが悲しいことになるんですよね・・・

・・・いや?知ってますよ?きっと真ん中は純夏だって。だって、彼女に純夏化してるんだからしょうがない。だから、とりま純夏が2枚に冥夜4枚を探しに今度旅に出るかな・・・あと、皆流神威。こっちも貸し出し中。後最悪1枚。まぁ、あゆまゆととか茜も足りないがな!茜に至ってはC茜もSC含め3枚しかないとか、俺に小1時間詳しく・・・

・・・まぁ、ぼちぼち集めます。デッキができたら報告するかもしれないです。まぁ、テスト終わったらになりそうですが・・・それでは、あでゅー。





泥なんてなんだい!

泥なんてなんだい!どうも、漆黒です。題名の元ネタわかる人はわかっていらっしゃる。



あらためまして、こんにちは。漆黒です。なんか、最近は動画投稿報告ブログとかしてましたね。これはいかんと思い、今回はデッキ紹介です。V環境限定大会も開かれるようですので、今回はV環境構築です。




V黒単~デュラハンハーレム~

ユニット

暗器軍団長デカラビア   3
ベルゼブブ        3
メロー・カード      3
大陸アルドのデュラハン  3
ケット・シー       3
レディ・ビトレイアル   3
ナイトベア        2
闇の天使アポカリプス   2
錯乱時計パニックヴォイス 2


ストラテジー

ナイトメア・ウィンク   3
暗黒の決意        3
霧の浸食         3
暗黒の衝撃        3


ベース

主無き古城        3
サキュバス・ハーレム   3

計40枚


見てのとおりの黒単です。内容的には、デカラビアやベルゼブブ、サキュバス・ハーレムのパワーマイナス効果で盤面の優位を保つビートダウンタイプのデッキです。暗黒の決意や、ナイトメア・ウィンクとバトル中に使えるカードもあるので戦闘ではなかなかの強さを発揮します。また、たとえ盤面が弱くなったとしても、アポカリプスがるので、切り返しも十分ねらえます。相手の反撃を跳ね返しながら進む正統派のビートダウンでしょうか?


と、色々言っていますが、実はこのデッキで一番強いのはこれ。

大陸アルドのデュラハン 
ユニット シャドー/フォーリナー
プレイ 黒2無1 移動  黒1無1
タイミング ノーマル 
パワー 4000 スマッシュ 1
このカードと同じスクエアのすべての相手ユニットのパワーを―2000する。

V-2で登場した大陸アルド系のユニットなんですが、ノーマルタイミングながらなかなかやりおります。普通に出しても、パワー6000相当。ベース上にいれば8000相当と3コストで出るサイズではないです。移動も2とそこまで重いコストではないので、中央エリアにいると意外とプレッシャーをかけることができます。あと、暗黒の衝撃で出すと笑えません。普通に強い。もし、曲がり間違ってサキュバスハーレムが2面張りしてあると、相手の小型ユニットを、文字通りどんどん消し去ってくれます。なんで、このデッキなら優先的に出したいところ。デカラビアの横に並ぶともはや無敵です。



と、まぁ、大陸アルドのデュラハンは強いんですが、ユニット1体では勝てないのがD0(プラチナドラゴン?知らん。)周りを固めるユニットたちも意外に優秀なのが黒単です。2コスト以下を破棄した上でこちらには2000/1の移動1がでるケット・シー。スマッシュ先行でアタッカーに早変わりするレディ・ビトレイアル。皆さんご存知、戦う骸骨バイオリン奏者、メロー・カード。演奏会のタダ見は許しません。サキュバスハーレムとのシナジーが恐ろしい、デカラビア、ベルゼブブのサーヴァントコンビ。二人並ぶと気持ち悪いです。対象にならないが非常にいやらしい、歩く殲滅兵器アポカリプス。でかいやつは死ね。しかも、アタッカーにもなるナイトベア。そして、場に出ませんが悪いことしかしないパニックヴォイス。ユニットだけでも、これだけ層が厚いので、デュラハンがやられても後続は十分です。これらのユニットで意外と押していけます。特に、小粒でビートするタイプや、花園の歌姫でパンプするデッキには無類の強さを発揮します。まぁ、最大の原因はサキュバス・ハーレムですが。

しかし、このデッキにも弱点があります。それは・・・

青のナーガ連中

あいつらは無理です。黒単のユニットたちはもともとパワーがあまり高くないので、ダメージをマイナスされると相手のパワーをマイナスしても踏むことがなかなかできません。つうか、なんであいつらパワーも少し上がるんだよ・・・こっち上がらないのに、ずっこいよ・・・
あと、赤の火力も苦手とします。これも、もともとのパワーが低いせいですね。





さて、どうだったでしょうか?今回は、黒単ビートの紹介でした。実は黒は除去能力に目が行きがちですが、意外と高いビート能力を持っています。今回のデッキ外でも、隊列召喚で相手の対応力を奪えるスカルド・ロウ。エネルギーを使わずパンプできるハウス・オブ・ヘル。PADちy(ryスマッシュあれば驚異の性能のシャローン、ユニット蘇生は任せろ、クローゼ。と、優秀なユニットが多いです。是非、皆さんもコントロールではなくビートな黒単を作ってみてはいかがでしょう?









さて、ここから少しD0の話題から外れます。一応、カードゲームの話題ですが・・・一応、D0のみ目的の方はここまでで。



去年の12月30日にVISION最新弾の天空の覇者が発売しましたね。自分はVISIONも少々やるのでうれしい限りです。今回も、面白いカードが満載で。DNAの斑とか、小悪魔とかは新しいパチェとコンボするとすごく楽しい状況になりますし、ようやく出てきた軽い空とか、なんかすごく強くなって帰ってきた紅美鈴とか、非常に汎用性の高い、装備カード化できる玄爺とか。今回もデッキ創作欲がそそられます。そんな中の自分のお勧めカードはこれ。



神秘の卵 コマンドカード N1C1 G0
0/1
〔このカード〕を、以下の効果を持つキャラクター
「神秘の卵(GRAZE0、0/1、種族:なし」としてアクティブ状態で場に出す。

「(自動γ):あなたのターン開始時に、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕を裏向きにして
 〔このキャラクター〕にセットする。

 (常時)(0):
  〔このキャラクター〕を決死状態にする。
  その後、〔あなたのデッキ〕を全て見て、必要ノードがX以下のキャラクターカードを
  抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出してもよい。
  Xはこのキャラクターにセットされていたカードの2倍に等しい。
  この効果では「-」は9として扱い、「弐符」の効果を無視することができる。
  その後、デッキをシャッフルする。」

なんか、ほっておくと、キャラが生まれると書いてあります。さすがに7コスト以上の大型はターン数がかかるためにきついでしょうが、ノード1からサニー等が出るのはすで強力です。また、このカードをプレイ→鬼火『超高密度燐禍術』を神秘の卵対象にプレイ。俺だけで、いきなり6コストのキャラクターが出ることになります。6コスト体には優秀なキャラがひしめいているので、目移りしそうですな。寅丸に新しい紫・・・色々できそうです。




あと、明日はChaosのOS:アージュのトライアル、エクストラパックの発売ですね。自分?買いますよそりゃ。普通にマイフェイバリットゲームのマブラヴが入っているので買わざる得ない。ちょっとエキストラパックなのに50種類とか泣きそうですが・・・どうにか頑張ってデッキを作ろうと思います。できたら、報告しますね。




それでは、今日はこれまで。それでは、あでゅー。








・・・あ、七草買ってくるの忘れた。

D0対戦動画投稿



皆様、新年あけましておめでとうございます。新年早々ですが、動画を投稿いたしましたので、報告を。



・・・いや、ほんとは31日に投稿したかったんですけどね。普通にエンコードが通らなくて泣きました。ガチで。おかげで、投稿が次の日に・・・今度からは、余裕を持ってエンコしよう。そうしよう。


対戦
赤黒ブレードマスター VS 赤緑青神龍


ちなみに、赤緑青神龍は俺のメイン。結果的に泣ける。もう少し、頑張ろう・・・
プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。