気が付いたら・・・なんぞこれ。

ビガヅギダサFFTCGゾ ジドザボヂバブバデデギダ どうも。漆黒です。いや、面白いですねFFTCG。カードプールまだ少ないのにこのデッキの思いつきよう。




さて、あらためまして漆黒です。本日は千葉CKに行ってきました。まずはD0で大会もどき。なんか、リセやらDMにまぎれてうやむやになりましたが・・・



大戦結果はこんなところ。

使用デッキ:VGP使用予定の変な赤黒

1戦目:マガツキさん 緑青産卵バックス

相手が産卵を引かない。その間にエネがたまったので火力をドーン。相手の出てくるファッティをことごとくつぶせばそりゃ勝てます。産卵は引かないと厳しいんですよね~・・・・まぁ、普通に社交場の強さを再確認しましたが。アノカードツヨイヨー。

2戦目:サノさん 青単Vスカロ

相変わらずイーシャが出てこないらしい。切り札を相手に引かせない程度の能力ッ!いや、そんな能力欲しいですけどね。普通に後半はイーシャが出ました。しかし、こちらのマグマダンサーのせいでなかなか動けないところにまた火力。火力は強いんだぞ!プラチナには効かないけど!最後はでかいので詰めて勝ち。


デッキはいい感じに仕上がってきたかなぁ。対応力もできてきたし後は枚数の調整。意外と使わないカードとかあるんですよね。タスヴィとかタスヴィとか・・・いや、あの子を中央投下以外で使ったためしがありません。墓地とかほとんど4枚もないです。あと、失恋。強いのはわかるんだけど、如何せん引かない+とても微妙なタイミングでめくれる(打つと他にユニットプレイできない時とか)減らすのかなぁ・・・でも、役に立つ時はやはりすごいえらいんだよなぁ・・・むぅ・・・




その後は、大河からアクエリのなのはを買い取り、ずっとFFTCG!なぜwwwいや、面白んですよね。これが。なんといいますか、TCGプレイヤーが喜ぶ動きと言うのが分かってるシステムのような気がします。バックアップを出して今後に備えるべきか、はたまたフォワードを厚くするのか・・・色々悩みどころがあります。まぁ、EXバーストとかいう運要素もありますがね。それは、あれです。D0で言う地雷デッキと当たるようなもんです。めくれたらあきらめてください。以下、個人的なカードの雑感。気になったやつだけね。


Rリュック
毎ターンデッキ1枚サクれるのはえらい。意外と良いスピードで相手のデッキが減ります。ついでに、ぶんどりもうてればなかなか。バックアップなので死ににくいので手札の腐りにくいい能力です。まぁ、彼女と対戦中に、

マキリの敵の技→ぶんどる→引いたカードでてきのわざ→ぶんどる

とか言う謎のループもやられたがなwwwこっちよりもぶんどり発動回数い多いとかどういう事だww

Uリュック
バックアップ戻せるのが思いのほか強い。シーフ戻して更に2枚デッキ破棄とかが強かった。ふつうにUエアリス戻してバックアップ回復もいいしね。APも7000あって次第点なのも○

バッツ
フルパン→メイン2にこいつでフルアクティブ+バックアップもフル回復が強すぎる。本人も9000とかでかいスペック。つうか、こいつのせいでリュックが複数回起動するんですが・・・

アレキサンダー
EXバーストめくれると鬼。初手で相手のガーランド殺すのはよくある光景。

光フリオ
バックアップしっかりあるととんでもスペック。7000+αの先制+ブレイブとか謎。しかも、4コストなので氷の導師で引っ張ってこれる罠。場持ちがいいユニットはえらい。まぁ、ブリュンヒルデで焼かれるのはダメだけど。

セシル
意外と盾になる。ライトニングとかティファとか避けたい効果はたくさんあるしね。オーディンがEXバーストした?いや、もともとセシル以外が割られる可能性が見えない。

Uライトニング
詰めに最適。ヘイスト+ダル効果はせこいよなぁ・・・あれ1枚で計算が大きく狂う。Sライトニングも強いらしいから要注意カードだと思う。引いてないけど。Sライト倒した→こいつで積んだとか洒落にならない。

4コストシヴァ
時間稼ぎに最適すぎる。ダル+1ターン起きないとかデッキによっては除去より面倒。バーストつきなのも○。

シャントット
大量破壊兵器ずぎる。とりま、使われるとゲームは1度リセットですね!ってレベルの破壊っプリ。しかも、本人複色バックだからその後の展開楽だし。でも、6コストだからほとんど何も展開できないけどね!

ウォーリア・オブ・ライト
本人より周りの方が強くなる人。7000でコスト4とかいう属性によってはすごい倒しにくいカード。かといって残っているとそれだけで積みかねない。なわけで、真っ先に殺される人。それを守り切れたら恐らく勝つんだろうなぁ。ってくらい強い。つうか、むしろおとr(ry

こっから、引いてないけど強そうな人たち。

Uユウナ
召喚獣コストー1とか夢が広がりんぐ。バハムート6コストまで下がるんだぜ・・・胸熱だな。

暗闇の雲
フォワードがディシディア状態に。まぁ、要するに1対1になります。相手は1番強いやつを残すと思うので、
そいつを除去ると楽しいことに・・・ちなみに、ゴルベーザと合わせると・・・

スノウ
ひたすら相手をダルくします。とりま、シヴァ→更に1枚追加でしばりが強そう。生き残ることは考えません。2000とかすぐ燃えるし。

皇帝
死なないとかパネェ。でもそれ以外に能力ないのがすげぇ不安だな・・・




こんなところかなぁ。ちなみに、今はSライトニング、Uシヴァ、スノウ、ティナ、ヴァルファーレが欲しいですね。デッキが完成しない・・・つうわけで、明日は千葉イエサブによってから千葉CKに行きます。VSは・・・スルーかな。






それでは今日はこの辺で。あでゅー。

スポンサーサイト

D0の公式が更新したと思ったら・・・・

バンバ ゴセン ガギドグ ジュジュザザガギドビ ドグソブガセデギス・・・まぁ、登録サイトに恥じないように頑張りますか。




あらためまして、どうも。漆黒です。こんな時間になったのはESかき続けているせいです。就活は厳しいどすなぁ・・・



さて、今回は前回の青単イーシャの改造デッキです。色々考えてそれなりに戦えるデッキとなりました。あ、ちなみにV限定です。





デッキ名:ガゴブソギギシャ

青ユニット

風の女王イーシャ 3
香魔コジ 3
フラウ 3
香魔マナカ 3
香魔ラコク 3
賢者妖精ペイングリン 3
香魔乱ミダレバコ 2


黒ユニット

ディドゥルチャージ 3
メロー・カード 2
調整体ノゼ 2
錯乱時計パニックヴォイス 2


青ストラテジー

サイバーチェイス 3


黒ストラテジー

因果律の抜け道 3
暗黒の衝撃 2


黒ベース

懺悔の螺旋階段 3





ごらんのとおり、黒が混ざって複色になりました。しかし、基本は変わらずにイーシャでの盤面制圧をねらいます。また、今回は螺旋階段を採用しているのでハンデスして相手の対応力を奪えればなお、良しです。では、個別カードの紹介を。



・風の女王イーシャ
デッキの主役。パワーは5500と低いですが、カードの効果で移動すると対象のユニット1体のパワーを+3000します。更に、種族:スカイロードであるユニットがスクエア以外からスクエアに置かれたときに隣接スクエアに移動できる能力を持ちます。これで、ぴょんぴょんと相手の攻撃を避けたり、相手ユニットにいきなり襲いかかったりして盤面を制圧しましょう。
見た目が巡音ルカなのは気にしてはいけません。


・各種スカイロードたち
ほとんど、イーシャの移動用と言っても過言ではありません。しかし、フラウやミダレバコ、ラコクなんかは能力が強力なので場合によって使い分けましょう。ちなみに、SRですがペイングリンは強力で、死ぬはずだったユニットをデッキに戻してエネルギーを回復したり、自分自身を戻してエネ消費なしでイーシャを移動させられたりと言い働きをします。しかも、ノゼとは相性が良く、ノゼの効果でフリーズしたエネルギーを回復することができます。2枚しか起こせませんがノゼを対象に取るとスクエアを圧迫しなくていいですね。


・ディドゥルチャージ
プランからプレイされたときに相手の手札を1枚ハンデスする小型ユニット。しかし、スマッシュ1を持ち、移動も1なので暗黒の衝撃で釣りあげてフィニッシュに使えたりします。しかし、手札に来るとそこまで役に立たないのでエネに置いてしまいましょう。

・メロー・カード
もはや、説明不要ですね。こいつがいるだけで突然死の確立がぐっと減ります。

・調整体ノゼ
ギボボブン ガギビン、ギヂダンン ゴビビギシババゾ
・・・すいません、つい、興奮してグロンギ語が。漆黒の最近のお気に入りカードです。僅か2コストで相手の5コスト以上と言う主力級ユニットを葬り去ることができます。代わりに自分のエネルギーを4枚選びしばらないといけませんが、そこはもうすでにフリーズしているエネルギーを選んだり、ペイングリンの効果で回復したりして意外と対処できます。デメリットのインパクトが強すぎて敬遠しがちなカードですが、強いカードですので是非、使ってみてください。・・・つうか、絵がかわいいのが何よりm(ry

・パニックヴォイス
・・・まぁ、最近は墓地回収と言うとこいつですね。タイミング:バトルで繰り返し使える回収が弱いわけないです。ちなみに、個人的に次の禁止カード筆頭です。

・サイバー・チェイス
スカイロードは手札が命なのでドローカードは積みたいところ。本当はもっと色々積みたいのですがスペースが・・・これで、見えたマナカをプランにしてプレイすれば疑似的に2ドローしたことになります。結構、よくあるので覚えておくと便利です。

・暗黒の衝撃
衝撃系で一番使い勝手の良いカードだと持ってます。詰めや、イーシャの追加移動、果てはコジの再回収にペイングリンでのエネ回復と色々な場面で役に立ちます。手札に握りたいカードですね・・・序盤以外。

・因果律の抜け道
相手ベースのないラインにいる対象のユニットを1枚破壊するカード。タイミング:バトルが強く、とりあえず、ベースの無いラインのユニットとバトルに入ればほとんど倒すことができます。V環境ではあまりベースを張ってくるデッキがないので意外と打つタイミングはあります。まぁ、でも2枚くらいがちょうどいいのかもしれません。当然、役に立たないこともあるので。







さて、こんなところでしょうか。黒を混ぜたことで対応力が上がり、イーシャの維持がしやすくなりました。更に、最速マキリも因果律の抜け道で返せたりするのが強いですね。しかし、弱点もあり、相手がメロカ系をプレイするととたんに厳しくなります。できれば、プレイにスタックしてイーシャを下に滑り込ませたいところです。



ちなみに、このデッキ、スタックがすごい積まれる+どこにスタックするかを非常に考えるのでD0の練習用にお勧めです。かわりに1戦終わるとお互いに疲れ切りますが(笑)








さて、ここからは少し雑談を。なんでも、東方零次元と言うD0+東方の2次創作カードゲームが例大祭8で頒布されるらしいですね。東方もD0も好きな自分は是非、手に入れたいところ・・・しかし、例大祭には今年参加できないんですよね・・・委託かヤフオクで手に入ればいいんですが・・・むしろ、誰か買ってきてwww

あと、なんかFFTCGが面白そうです。体験会で面白かった+カードが意外と面白い能力でなんかやりたくなってきたww今、D0以外のカードゲームのモチベが低いので手を出すかも知れません。まぁ、D0優先ですが。てか、お金がない・・・






さて、本日はこの辺で。あでゅー。






さて、アーニャデッキ作るかな・・・まず、何を出すことから始めるか・・・

成功とは数ある失敗の上に成り立つ

ギママギゾブシバゲギデロ ゲギボググスドパ バギサバギ リントパ ゴセグ パバサバギ。どうも、漆黒です。また、リントノ言葉で話せと言われそうなスタートですね!



さて、VGPも近づいてまいりまして、皆さんデッキの調整に余念がないころ合いだと思います。自分ですか?残念ながら、デッキすら決まっていませんいや、あまりいいのに仕上がらないので色々画作はしてるですがね・・・間に合うのかなぁ・・・




さて、そんなわけで今回はVGP用のデッキのアイディアの一つでも。青単のイーシャビートです。






デッキ名:ガゴダンギギシャ

青ユニット

風の女王イーシャ 3
香魔ラコク 3
フラウ 3
香魔コジ 3
賢者妖精ペイングリン 3
香魔マナカ 3
蒼羅星ジャッジメントエッジ 3
蒼空星デュアルブレード 3
建築家スラシュ・ライト 3
アトロシティ・アトラス 3
ロー具・ロングホーンビートル 2


青ストラテジー

紺碧の決意 3
ダブルインパクト 3


青べース

スマイリー・ワーク 3



プラチナつよいなー→でも、白ビートは押しが足りないんだよなぁ→イーシャで下に滑りこめばいんじゃね?
と言う、安直な考えから生まれた一品。イーシャの能力を生かすためにビートに近い形にしました。イーシャが出れば能力の使い、どんどん相手を踏んでいけます。上手くいけば往年の融解並みの場持ちです。出れば。
そう、出れば
実はこのデッキ、赤単に対する勝率が0%に近いという欠点があります。それはなぜか?簡単です。
イーシャが出る前にほぼ積んでいるから。
しかも、仮に出たとしてもマキリで燃やされるおまけ付き。そんなわけで、青単では無理と相成りました。一応、改造して青黒イーシャにしているので千葉CKの大会で一度試してみたいと考えてますが・・・いったい、どこまで通用するのやら。



と、言っているのになぜ、こんなデッキをあげたのか?簡単です。悪い例だからです。実はこのデッキ、ナーガとかのビートユニットの立ち位置が至極微妙なんですね。そう、ようするに何故入っているのか説明できないカードたちなんですね。
D0のデッキは40枚と非常に少ないです。しかも、プランと言うシステムのせいでデッキのカードを対戦中にほぼ使い切ることもよくあります。そんな時に”使い道のはっきりとしない”カードがあると、当然役に立たないことが多いです。たまに、役に立つこともありますが、本当にたまにです。なので、D0はデッキに入っているカードには
入れるべき理由がきちんと存在すべきなんですね。
そんな点で、このデッキはイーシャを使おうと言ったはずなのに覚醒ユニットが入っていたり、イーシャでパワーが上がるのに決意が入っていたりとグダグダな感じが否めません。だから、対戦中にもやりたいことが定まらずにウダウダしてしまうので、勝率が下がっていました。なので、皆さんはデッキを作る際は、
デッキ1枚1枚の意味を考えてデッキを製作してくださいね。










さて、ここからは少し関係のない話です。

さる17日木曜日に株式会社ブシロードの会社説明会に行ってきました。大きなホールで開かれる+ニコニコで生中継するとかで勢いのある企業は違うなぁ、と感じましたね。木谷社長の話も考える音が多くてためになりました。詳しい内容は生中継もありましたし割愛しますが、話の中に”カードゲームは口コミでは流行らない”と言う話がありました。自分も確かにその通りだと思います。初動のユーザー数=そのカードゲームを進める人の人数なのですから、当然です。しかし、しかしですよ。

それで、D0についてあきらめるのはなんか悔しいじゃないですか。

だから、D0をどうにかして”口コミで広まった初めてのTCG”にしたいと思いました。と、行っても自分にできることは新規ユーザーを誘うとか、動画を世に出すとかしかできませんがね。まぁ、何がいたいかと言うと、もっとD0を広めるために頑張ろうと言う話です。とりま、最初は動画かなぁ・・・暮れに撮影したのはデータが壊れてるみたいなので撮影し直さなきゃ・・・





それでは、今日はこの辺で。皆さん、あでゅー。

ちょっと、V環境のデッキを投下してみる。

ザギレギグ ゴロギヅバババダダ。どうも、漆黒です。だいぶ、魔が空いてしまいました。ES書くのに忙しかったんです・・・


まぁ、言っても仕方ないので、本日もデッキ紹介とまいりましょう。VGPも近いことですし、本日はV環境のデッキです。まぁ、漆黒のデッキ=電波の例に漏れずに非常にカオスな内容です。
あ、あと。動画の方ですが、何故か編集ツールの調子が悪くてまだ、かかりそうです・・・もう、いっそ一度仕切り直して新しく撮影すべきな気がしてきました・・・




デッキ名:ガゴギソガギグベソベソ(青白アイスケロケロ)

白ユニット

ネオジェネシス・エンジェル 3
エヴァンジェリカル・エンジェル 2
シェカラート 3
機械竜ラルゴ 2
機械竜エスティタート 2
ロイアルクライウン・ナイト 2


青ユニット

大陸アルドのマーメイド 3
深淵竜エメラルドティアー 2
妖魔の美女フローラ 3
ギガント・エイリアン 2
アイスドラゴン 2


白ストラテジー

信頼の証 3


青ストラテジー

サイバー・チェイス 3


白ベース

ソーラービーム・サテライト 2
クリスタル・コロニー 3


青ベース

グランドロイヤル・オペラハウス 3



ボボゼビビパ ガギグゾサゴンゾ ソギガスブサグn・・・すいません、まじめにやります。
このデッキは、ロイアルクラウン・ナイト+アイスドラゴン+グランドロイアルオペラハウス=爆アドの考えから生まれたデッキです。オペラハウス上に大型ユニットを投げ込んで勝利を得る、昔からある”オペラハウス”型のデッキですね。そのデッキタイプにアイスドラゴンとロイアルクライウン・ナイトを追加することで大きな爆発力を追加しています。構成上、ビートには苦戦するものの、コントロールには相性良く戦う事が出来ます(失恋を3回打たれると無理ですが・・・)また、苦手なビートに対してもクリスタル・コロニーにおかげで生き残りやすくなりました。
動きとしては・・・

序盤:クリスタル・コロニーの展開が至上目的です。また、相手のタクティクス・グラヴィティフィールドは確実に割ってください。デッキの構成上、あれがあると詰みます。

中盤:シェカラート、ネオジェネシスなどのカードで相手の攻撃をしのぎます。特に、ネオジェネシスは相手のユニットが場をふさぐので意外と展開を阻害できて有用です。また、できればオペラハウスを準備したいところ・・・

終盤:オペラハウスが設置できたなら、ひたすらのように大型ユニットを投げ込んで相手を追い詰めます。ここで迎撃されたユニットは、後でアイスドラゴンで弾丸にできるので気にしなくてもいいです。また、ロイアルクラウンナイトは中央投下でも良いかもしれません。と、いいますか7000のスマ2、移動3は意外と邪魔です。むしろ、アイスドラゴンでつることも考えて相手ユニットに投げつけてしまいましょう。



こんな、ところですが実際は色々と障害があると思います。そのために、色々と補助カードを積んでいるのですが・・・如何せん、まだバランスがとれていません。そのため、まだ色々と弄るべきところの多いデッキだと思います。シェカラートが意外と役に立たないだの、フローラとかどうしろと?などなど・・・まぁ、それでも上手く行けば盤面が7コスト以上のフィニッシャーだらけになるという、往年のレアブラスターな状況が楽しめるので野試合では良いかもしれません。D0にはこんなコンボデッキもあるんだぜ!みたいな感じで。皆さんも、一度作ってみてくださいね!(シルバー多い?うん。知ってる・・・)つうか、むしろアドバイス欲しいぜぇ・・・


あと、ブラッディ・マリーとグラヴィティフィールドはまじめに勘弁してください。あれのせいで回らなくなるコンボデッキががが・・・





それでは、今日はこの辺で。あでゅー。

ジヅンボバボジョボヅブダダゼビビゾショグバギ

D0ボジョゲギムセギジャジャズゲバギババ、ドゴログ。どうも、漆黒です。此処ではリントノ言葉で話せ?リントン ボドダパ ジョブパバサン。




さて、皆さんこんにちは。そろそろ、リントノ言葉でしゃべりましょうか。本日は、自分の知り合いのD0プレイヤー、暗識作のV2の新期CUCです!



デッキ名:今の僕にしか理解できないデッキ

青ユニット
・大陸アルドのケルピー    ×3
・大陸アルドのアクアナイト  ×3
・大陸アルドのマーメイド   ×2
・大陸アルドのリヴァイアサン ×2
・神の使いスイ         ×2
・大陸アルドのクラーケン   ×2

青ストラテジー
・セイレーンセレモニー     ×2

黒ユニット
・暗黒の鎧          ×3
・大陸アルドのメデューサ  ×3
・大陸アルドのデュラハン  ×3
・トール            ×3
・ペルセポネ         ×3
・大陸アルドのヴァンパイア ×3

黒ベース
・ブラックモノリス       ×3
・主無き古城        ×3



・・・本当に、V-2のコモンかアンコモンしか入ってませんね・・・デッキになるもんですね。びっくりです。内容的には、暗識曰く・・・

序盤:遅くとも4ターン目までにユニットを2枚並べましょう。種族はフォーリナーばかりが入っているのであまり気にしなくても大丈夫です。
中盤:プランをめくり覚醒を狙います。が、上手くいくわけはないのでハンドや見えたものと相談しながら相手の出方を伺います。ここが正念場。ブラックモノリス等を使い、できる限り2枚リリースのユニットが場にある状態を保ちます。
終盤:ヴァンパイアからトールをリサイクルして相手の邪魔をします。このデッキは軽めにできているので、生贄には困らないはずです!そして、盤面が整ったらヴァンパイアやクラーケン当の大型でスマッシュしてゲームを決めましょう!また、この時、配置をスラッシュの形にしておけば勝利がぐっと近づきます。


また、キーカードは
大陸アルドのケルピー:初手に青1エネとこれがある気合いが便利。手が光る人がよく初手に揃えます。
トール:リサイクル品。自分のユニットと相手のユニットを物々交換で墓地におけます。レートは合わないですが。


さて、ここからは漆黒の思った、このデッキを改造するなら?です。このデッキ、このままでも意外戦っていけますが、やはりCUC。色々と改造できるところはあります。そのため、おすすめのカードをいくつか。手に入りやすいものにしますが。



切りつける人形ノエル

クイックスタートデッキ流星に収録されているので、余っている人がいたりして、既存プレイヤーの方に言えば結構、手に入りやすいです。効果は、スクエアから墓地におかれたときに同列のコスト4以下の相手ユニットを破壊するのと、墓地から蘇生した時に対象を取らない除去が飛びます。とくに、墓地からの蘇生が強くて、これをそ蘇生しまくるのも面白そうです。また、トールとも相性がいいので入れてみたいカードですね。


闇を招く者ルーラ

V-1のレアですが、一時期大会の優勝プロモになっていたので、余っている人も多いはずです(漆黒は多いといは13枚持っていました)そのため、まだ手に入りやすいと思います。能力は覚醒を持ち、7500のパワーを持った大型のユニットです。しかも、バトルに勝つと蘇生ができるおまけ付き。ヴァンパイアなんかも蘇生できて、強いです。


幽魔タスヴィーリー

V-2の再録カードです。V-2を買っていると自然と集まったりします。能力は御存じのとおりに、多種多様なデッキでフィニッシャーになるほどの強さです。実際、これ1枚で場が壊滅することすらあり得ます。それくらいのポテンシャルを秘めているカードなので、是非投入したいですね。


暗黒の衝撃

こちらもV-1のカードですが、アンコモンなので手に入りやすい方です。クラーケンかヴァンパイアを削ることになりますが、やはり、リリースインは強い。プランに見えれば覚醒もあるので、相手の裏をかくには最適なカードです。


パラドクスストーム

こちらはV-2の再録です。2体のユニットの場所を入れ替える事ができるので、場に出したヴァンパイアをいきなり中央エリアに送ることができます。しかも、場所を入れ替えたユニットはリリースするので決定力もあるのでこれも、面白いカードですね。




さて、今回は暗識の作成したデッキを紹介しました。手に入りやすいV-2のしかも、CUCなので、初心者の方はこれから始めて、強化していくのも楽しいかもしれませんね。もしかしたら、このデッキのパーツなら既存プレイヤーの方にお願いすればもらえるかもしれませんし。

それでは、今日はこの辺で。あでゅー。

こんなヤツらの為に、これ以上誰かの涙を見たく無い! みんなに笑顔でいてほしいんです!

だから、見てて下さい!オレの‥、変身!!五代さんはある意味、みんなの中にある”ヒーロー”の具現なんだと思う。皆がああありたいんだろうけど、きっと無理だと思うから。



さて、皆さんこんばんは。漆黒です。就活もありますが、暇がある内に更新しておこうと思います。




さて、と、言っても自分はBCCに参加しなかったのであまり書くことがありません。そのため、また、デッキ紹介とまいりましょうか。




デッキ名:輝きの力を!!

青ユニット

大陸アルドのマーメイド  ×2
建材商人カイト・マシュー  ×3
建築家スラシュ・ライト  ×3
蒼空星デュアルブレード  ×3
蒼羅星ジャッジメントエッジ  ×3
妖魔の王子ウッディ  ×3
アトロシティ・アトラス  ×3
香魔マナカ  ×3
妖魔の美女フローラ  ×3
料理長コック・ハワード  ×3

青ストラテジー

紺碧の決意  ×3
ダブル・インパクト  ×3

青ベース

スマイリー・ワーク  ×3
氷結のコロドロン  ×2



見てのとおり、V限定の青単覚醒ビートです。シルバー9枚、レア6枚とか明らかに初心者向けではないのが気になるところですが・・・その分、デッキの力としては非常に高いです。総勢20枚からなる覚醒からの展開力、優秀なバトルタイミングストラテジ―2枚による対応力、そして、なによりも展開されるユニットの質の良さ。どれもが高いレベルです。特に、ナーガとエルフの4体は能力上非常に倒しにくく、相手からすると嫌なユニットです。まわし方としては、

序盤
1ターン目からプラン。ウッディ覚醒を狙います。できれば、3ターン目までにユニットを1枚は最低でも展開しておきたいところ。手札に来てしまったカイト・マシューでもいいので1枚は盤面にユニットがの頃用にしましょう。

中盤
覚醒からどんどんユニットを追加しつつ、ビートしていきます。コツとしては、手札にストラテジーを握れていない場合はプランを表にしておくこと。このデッキには、プランが表だと強くなるカードが多めに投入してあるので、それだけで、ユニットが死ににくくなります。

後半
中盤から覚醒でユニットを展開し続けてそのままビートしきります。この時、ストラテジーを手札に握りこめていると、ぐっと勝利が近づくでしょう。


このように、展開力に任せて一気に押し込むタイプです。かわりに、押し返されてしまうと少々厳しいものがあるので、その前に決着をつけたいところですね。


そして、フローラにおけるちょっとした小ネタを。既存の方は何をいまさらと思うかもしれませんが・・・

あなたのフローラに相手のパワーが高い5コストのユニットがバトルを仕掛けてきました!しかし、あなたはバトル・インパクトを握っています。さぁ、どのタイミングで使えばいいでしょう?


答えは、第2バトルステップのダメージスタック前です。


D0のバトルでは、第一バトルステップ、第二バトルステップが存在します。第一は加速持ちのユニットが、第二は加速を持たない普通のユニットがダメージを与えるステップですが、フローラは加速を持っているので、第一バトルステップで先にダメージを与えることができます。しかも、フローラの効果でドローのおまけつきです。そして、その後第二バトルステップに入るわけですが、このままではフローラが戦闘によって倒されてしまいます。どうするか?
フローラにダメージが与えられる前に相手ユニットをダブるインパクトで戻せばいいのです。
初心者の方はちんぷんかんぷんかもしれないので詳しく説明しますと・・・

まず、第一バトルステップ、第二バトルステップは次のような段階に分かれています(今回は、第一バトルステップは普通に解決するので、割愛します)

1)第2バトルステップ開始
     ↓
2)ダメージをスタックに乗せる前
     ↓
3)ダメージをスタックに乗せる
     ↓
4)ダメージをスタックに乗せた後
     ↓
5)ダメージを解決
     ↓
6)バトルの終了

このように、実はバトルステップに入ったらすぐにダメージが発生するわけではなく、一度、3)でダメージをスタックに乗せて与えるダメージの量を決定しているのです。しかし、このバトルステップでは2)と4)の段階の時にバトルタイミングのカードや効果を使う事ができるのです!なら、先ほどの例の中で、「第2バトルステップのダメージスタック前にフローラとバトル中のユニットを対象にダブル・インパクトをプレイします!」と宣言するとどうなるでしょう?そのまま解決されれば、3)を解決する時に相手にユニットがいないことになりますね。その場合、相手のユニットが存在しませんので、相手ユニットのパワーは0、すなわち、スタックに乗るダメージは0になります。こうすれば、晴れてフローラは生き残り、しか第一バトルステップでドローしているのでお得に相手を迎撃できたことになりますね!



さて、実は決意系のパンプカードも同じで、ダメージスタック前に使わないと相手ユニットに与えるダメージが増加しません。このことバトルのたびに気にしないといけないことなのでぜひ覚えてくださいね。そして、実はこのルールを使うと色々と割るいいことができてしまうのですが・・・それはまた次回に。


さて、今回は青単覚醒ビートの紹介でした。少々集めにくいですがその分、非常に強く、面白いデッキなので、カードが集まってきたらぜひ作ってみてくださいね。






さて、また少し話は変わりまして・・・

こう、最近D0の公式の動きが少ないですね。自分も結構前にユーザーサイトの登録の申請をしたのですがまったく音沙汰がありません・・・ユーザーサイトを見て回ると、すでに閉鎖してしまっているサイトさんもあるようなので、公式さんには早く整理をしていただきたいものです・・・自分のブログはともかく、佐東ふじふじさんのカードゲームノートは追加されるべきです。今、あれだけ活動的なサイトも珍しいですよ。せっかく、ユーザーたちがD0を広げようと頑張っているんだから、公式も何か動いて欲しいなぁ・・・具体的には、V-1再版とか。あ、そういえば、なんか、柏のイエローサブマリンにV-1があるとかないとか・・・柏に行く予定がある時に見てくることにしますね。






さて、では本日はここまで。それでは、あでゅー。
プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR