僕は刃だ。唯、それだけを追い求めたから、それだけは誰にも負けはしない。

宗次郎 好きですよ。どうも漆黒です。本日は千葉CCでZ/Xの体験会とか色々。



とりま、前日に船橋加賀屋→カラオケのコンボで朝寝坊しまして、千葉CKのVS大会にぎりぎり到着。少しレポ。

使用デッキ:光武

1回戦目:はがないの・・・なんだっけ?

ノンスリとか猛者。花火がブンブン+光武がでかいでリタイヤ差がひどいことに。最後はエリカ機から花火、花火機の流れで勝利。

2回戦目:初心者?

また、ノンスリ。殴れないのが二回あるも、2回回復して、後は何時も通り花火ぶんぶんで勝ち。

3回戦目:ロッソ・ネロさん ケルベロス

なんか、1回目からエリカ機めくって、4点くらいリタイヤ差が・・・しかし、ケルベロスの攻撃力は高く、WS見たいな攻撃力で何時の間にやら同点に。ぎりぎりで回復して、最後は花火→花火機のいつもの流れで勝利。

4回戦目:イトーさん 小学生

小学生は最高だぜ!な、イトーさん。すげー、花火機がブンブンする。しかも、カンナもブンブンする。それでいて、相手はパートナーがそろわなくて、最終的に花火→花火機で勝ち。


結果:優勝

サクラ大戦はできる子ですよ!・・・ごめんなさい。嘘つきました。花火+花火機が強いだけです。サクラ大戦はあれだけで持っています。でも、最近イースより勝率高いしなぁ。・・・まぁ、VSだし、そんなもんか。



その後、千葉CCに移動して、Z/X体験会(二度目)

体験会は、もはやスルーされた!(担当の人も、店長も俺がガチでやろうとしてるの知ってる・・・)つうわけで、マガツキさんとフリー。まぁ、戦績は五分五分。俺のデッキは白が抜けたりしましたけど。まぁ、まだまだ色々弄らないといけなさそう。守りが果てしなく薄いからなぁ・・・まぁ、俺のプレイングが守る気ないってものありますが。逆に、マガツキさんは、守り重視。攻めきると俺勝ち、攻めきれないとマガツキさん勝ちというところ。そして、念願の青葉千歳が我が手に!すごい可愛い。とりま、いきなりローダーに厳重保存しました。


で、何故か体験会の後は担当の人の提案で2VS2のタッグマッチ勃発。以下にルールとレポ書きますね。


変則2VS2タッグマッチ

チーム1:漆黒+サノさん
チーム2:シノ+十六夜さん

ルール

フィールド
マスは横×縦で5×3とする。チャージ、プレイヤースクエア、リソースは個別に持つ。また、プレイヤースクエアには持ち主本人しかゼクスのプレイはできない。

ライフ
ライフは4枚づつの8枚。でも、今度やる時は3枚づつの6枚でいいと思う。

プレイ順番
プレイ順番、1番目、2番目はドローなし。

フェイズ
リブートでは、自身のコントロールするゼクスとリソースしかプレイしない。

個別カード
防壁はチームメイトの自軍エリアゼクスにもプレイ可能。

それ以外は基本ルールと同じでレッツプレイ!

序盤
チーム2がIG成功もあり、押し気味。この時点で、どのゼクスを倒すと、いつIGできるかとか高度なことを議論し始める。そして、ゼクスの置く場所が個人戦よりも重要。単純に、倒される可能性のあるターンが個人戦の倍なわけで、アドバンテージがとりにくい。

中盤
チーム1が杜若等の活躍で盛り返し始める。スクエア的に、プレイヤースクエアの4つので囲まれたスクエアの中で、真ん中のスクエアが異様に重要度が高く、争奪戦に。最終的に、チーム1の地デ鹿が押さえ、チーム1のペースへ。

終盤
地デ鹿のプレッシャーやばい。チーム2が地デ鹿を何とか処理する合間に敵陣までゼクスを展開したチーム1が最終的に押し切って勝利。試合時間は30分位と普通にいい時間で、ルールもう少しつめれば公式でもいける感じがした。ただし、これ以上人数は増やせない気がする・・・


感想
以外に、タッグはいける。個人線とはまた違った駆け引きがあって面白い。何より、パートナーと、あーでもない、こーでもないと言いながらプレイするのが楽しい。代わりに、個人戦よりも打点が通りやすいので、肉を切らせて骨を断つが絶際行われるのも面白かった。公式、採用してくれないかな・・・(チラッチラッ


その後、酒を飲みに行き、ロボアニメとかレッツ&ゴーの話で盛り上がった。後は、イトーさんにZ/X教えて終了。




最後に戦国の話。

もう、最近は好きなデッキ使いまくって遊んでます。一番勝率いいのは鉄血雑賀。なんか、張りつけた試合は9割勝ってますでも、上に行くと阿修羅のいなし方が、皆わかっているので上にいけない・・・と、いうわけで、最近のデッキは、

飛天吉川

なんぞこれ、どうしてこうなった。でも、実際武力9の高速騎馬は強くて・・・はまれば、士気使わずに号令追い返せたりします。あと、毘天も追い返せたのは笑いましたwwwまぁ、でもまだしょっちゅう刺さるので練習が必要。まぁ、ぼちぼちやります。


最近、SRの引きがひどい。新規SRの自引8種類とかどういう事なの。ダブりが、10枚超えたからね・・・交換とかできなかったらひどい状況でした。てか、新規SR殆どダブらずに引けてる奴はタヒれ。まじで。もしくは、最近の引きが旧SR15枚、後ダブり新SR三枚の俺に土下座しろ。割とマジで。もう、引き悪すぎて横でSR引いてる人がいると呪いたくなっちゃうよ・・・


でも、最近牙城引いて微量に癒されました。とりま、牙城デッキ構築中。氏照と合わせるかなぁ。騎馬2になると思います。



と、今日はここまで。では、あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
スポンサーサイト

許さない、認めない、消えてなるものか。

時よ止まれ。君は誰よりも美しいから。

どうも、漆黒です。夜分遅くですが、少しだけ更新を。まぁ、少ししか書きませんが。


まず、Z/X。

冊子の配布から幾ばくか経ち、そろそろプレイングが固まって来ました。具体的には、

・先行一ターン目から攻めるべし。
やはり、このゲームは攻めてなんぼ。ライフアドバンテージ取れるなら、多少の無理はどうにかなります。むしろ、ライフ守りながら攻めに回ることの何と難しいことか・・・なんで、攻め続けること推奨。まぁ、突然死はありますが。

・イグニッションは置く場所を考えてから行うべし。
置く場所が性格に決まらないならやっても意味ないです。カメさんいる時とかは特に。あのひと、つよいですよ?一気に攻守ひっくり返るんで・・・それは置いといて、やっぱりこのゲーム、イグニッションがカギなんで、それを生かせないとそのまま敗北に繋がります。なんで、相手のライフに向け明確なヴィションがある時にイグニッションは行った方がいいか、と。イグニッションした→置く場所どうしようでは、アドバンテージになりませんしね。

・リフレッシュはないと思え。
リフレッシュの1点は非常に大きいです。なんで、気持ち的にはリフレッシュはないと思った方がいいです。それまでに相手に留めをさせるプランを考えて動くほうがいいと思います。


自分が気をつけてるのはこんなところです。まぁ、他にも細かいところはあるんですが、そこは書くと長くなるんで・・・新しい、冊子が配布されると変わるかもしれませんしねー。



次はChaos

ユニットデッキができました。今は四型を入れようか迷ってます。あれ、出ると強いんだけど、守りが如何せんなぁ・・・一応色々とユニットはわくので、それでゴリゴリするデッキです。上手くいくと、盤面が先制貫通ばかりになるんだぜ・・・まぁ、遅いですけど。

でも、何となく未来が見える感じがするので、頑張って詰めていきたいと思います。イベントの枠とか全く決まってないですからねー。



最後に戦国。


なぜか、雑賀衆に戻りました

どうしてこうなった。いや、島津も強いんですが、肌に合わないというか、何と言うか・・・如何せんしっくりこなかったんですよね。と、いうわけで、使いなれた雑賀衆にチェンジ+張り付いてから使うようにR大道寺をチョイス。いや、これが強いんですよ。阿修羅で殲滅から鉄血、そのご、うーうーで相手は再起だろうが、かなり死んでくれます。で、その後はマウントで城を削ってしまえれば、重兼と土橋が守りきってくれますからね。特に、土橋。相手のフルコンでも赤ロック二発位打てれば何とかしてしまえるのが強いです。城際の守りとかきちんと槍で守ってれば、城ダメもらわずに済ますこともできますからね。本当、強いです。

一応、何回か鉄血雑賀を使って練習が必要だと思ったところは、

大筒の確保の是非

これの見極めですかね。とにかく、阿修羅の制圧力が高くて、ワンチャンス攻城まで持って行けたりするので、筒よりも撤退させない立ち回りが重要だと思いました。それができればもう少し上までいけそうな感じなんで、かんばります。




それでは、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!

Es schaeumt das Meer in breiten Fluessen  Es schaeumt das Meer in breiten Fluessen

Und Fels und Meer wind fortgerissen In ewig schnellem Sphaerenlauf.
Doch deine Boten,
Herr, verehren Das sanfte Wandeln deines Tags.
Auf freiem Grund mit freiem Volke stehn.
Zum Augenblicke duerft ich sagen
Verweile doch, du bist so schðn――
Das Ewig―Weibliche Zieht uns hinan.
Atziluth――
Res novae――Also sprach Zarathustra

どうも、漆黒です。Z/XのOPの曲がDies iraeだったので、つい。藤井連の流失詠唱ですな。



あらためまして、こんばんわ。漆黒です。本日は千葉CKにてZ/Xの体験会に出てきました。一応、すでに冊子の方は手に入れて何回かプレイしているのですが、一応、レポを。



千葉CK,Z/X体験会レポ。

昼、前日のバイトが長引いたせいで寝坊する。あわただしく用意をして、千葉CKへ。

どうにか、ぎりぎりで間に合い、なんか、すげー率の身内率にどん引きしつつも体験会へ。まず最初に、無料配布冊子とデッキが配られ、基本ルールの説明を受ける。まぁ、ここら辺は参加者の皆がDMやMTGの経験者だったためにサクサクと。参加で、もらえるプロモのプレイヤーカードが裏向きで、確認できないせいで気になりまくっている人がむっちゃいましたが(笑)

説明の後は、実際にプレイしながらの説明。相手の方はZ/Xは初めての様で、悩みながらプレイしているようでした。そんななか、自分は今までのプレイ中で思いついた質問を聞きまくってました。墓地関係とか、D0プレイヤーとしてはすげー気になるんですよね。まぁ、解答的には決まってないことの方が多いそうなので、今後に期待か。ライフリカバリーの量とか変わるかもしれないらしいです。

プレイ内容としては、体験会後にマガツキさんと色々話しましたが、現時点ではやはりIGの回数によって勝ち負けが湧かれやすい感じですかね。まぁ、デッキは完全にミラーなので、プレイングでミスしなければそこでしか差がつかないのはわかりますが。と、言うわけで、そこで上がったことをいくつか。

・イグニッション、ライフリカバリーの枚数指定は撤廃してほしい。

これ、あるとどうしてもデッキの構築幅が狭まると思うんですよね。たしかに、IGするとすげー強いのはわかるんですが、もし、製品版がでた後でデッキ構築するとすると、その縛りがデッキ構築の邪魔するんじゃないかなぁ、と。特に、起動能力でコストとしてチャージを使うカードがあったりすると直更に。そんなわけで、自分は枚数指定は撤廃、緩和希望です。ライフリカバリー?俺はすでに抜きたいです。めくれん、あれ。

・IGもちイベントの追加。

やっぱ、その場で一気に効果のあるIGもちイベントが欲しいですね。現状だと、ライフから出たIGはそこまでアドバンテージを稼がないんで、逆転要素的にもデッキに入れておきたいです。まぁ、同じような効果持ちのCip持ちIGゼクスでもいいんですけどね・・・

・各構築済み冊子に追加カード欲しい。

今のままだとデッキ構築の楽しみ0です。

いや、無料体験でそこまで求めるのは酷だとはわかるんですが、ぶっちゃけ、このままでと製品版に至るまでに飽きる人が続出する気がします。(現に自分も50戦あたりから飽きてきた。)やっぱ、TCGの楽しみのいったんはデッキ構築にあると思うので、無料なのはわかりますが、そこら辺は少しだけでもいいのでこうりょしてほしかったなぁ・・・と。

・せめて、メインヴィジュアルキャラのカードくらい公開して欲しい

これはイメージをつかむためです。やっぱ、ヴィジュアルキャラはその色のもっともらしい能力を持つと思うので、1枚でもそう言うのが公開されると製品版や今後配布される構築済みに向けて期待とかモチベが上がるかなぁ、と。・・・実際、色ごとのイメージが現在は具体的にわいてこなくて、勧めにくいのもあるんですよね。ヴィジュアルキャラを気に入ってくれても、そこからはない広めにくいのはちょっち厳しいです。


まぁ、まだ上がったことはありますが、このくらいですね。こんど、ルール解説動画撮ってみようかしらん。



と、Z/Xですが、ルール的には現状面白くて、IGの確立、相手の行動の予測、相手の行動の誘導とかのプレイング要素が多くてD0の次に楽しめそうな気がしてます。このブログでも、微力ながら応援していこうと思うので頑張って欲しいところです。




残りで、戦国の話。

スランプです。

なんか、凡ミスが続いて、負け越しまくってます。このまえなんて、計略誤爆しました・・・まぁ、それでも、きちんとやった試合は勝てているので、デッキ的には間違ってないと思っています。やっぱ、飛ぶが如くは別格の様に強いですな。連環で勝った時とかドヤ顔したくなります。まぁ、最近は家久が刺さりまくりでしにたいんですがね・・・・まぁ、自分はこのまま家久と心中する気満々なので、どうなっても使い続ける予定ですよ。(ちょっと使った明智が強いと感じたのは秘密。妙連無限強いです。)




と、きょうはここまで。では、あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR