今 私が泣いていても あなたの記憶の中では

どうかあなたと 同じ笑顏で 時々でいいから 思い出してね。遊戯王始めますた。


あらためて、どうも。漆黒です。遊戯王の幻獣機がかっこいいのでつくってみました。まだまだ微妙な出来ですが、チマチマつくりたいと思います。


さて、ゼクスの話。


最近は勝率も安定しまして、特に白黒ルクスリアは勝率9割に届く安定ぶりです。負けた試合は相手の初手IGからの連続成功ビートと、ルクスリア1枚も引かない時くらいなので、まぁ、良いかなと。まぁ、クレアシオンの枚数とか、白の枚数とか、まだまだ考えることはあるんですけどねー。


で、まぁ、それは置いといて、ちょっち前ですが、友人がゼクスをはじめまして、まぁ、構築済み2つ+シングル買っていたので、いい線いっているデッキなんですが、まぁ、初心者なので。つうわけで、自分で考えるから+教える時のために同じ色のデッキを自分も考えてみました!何時ものごとく、あれなデッキですが、参考までに―。






デッキ名:某・鬼巫女と同じ色

パートナー:天王寺飛鳥



デュアルファイア(IG)×4
狩猟の女神アルテミス(IG)×4
日出づる国の女王卑弥呼(IG)×4
戦略の女神アテナ×4
獅子心王リチャード一世×4
覇王竜カーディナルブレード×2




純粋のピュール(IG・LR)×4
空のシエル(IG)×4
運命革命の一翼・早乙女リリエル(スタート)×1
聖獣オーラユニコーン×4
清廉な想いフィエリテ×4
十二使徒宝瓶宮ガムビエル×4
創造のクレアシオン×4
尊大なる光壁×3




見ての通りの、オーソドックス・・・ではないエンジェルとブレイバーのハイブリットビートです。ブレイバーの火力とエンジェルの大きさで相手を圧殺するのが狙いですね。では、カードを個別に。

IG
イグニッションはブレイバーとエンジェルをバランスよく、ウィニーへの対策と清廉との相性でデュアルファイアをチョイス。清廉とアテナが並べば、高い火力がたたき出されます。

ウリエル
シエルチョイスからのスタート採用。‐4000の能力も守りたいカードの多いこのデッキにはマッチしています。エンジェルなので、リフレッシュ後に引いて、盤面に展開して、シエルの補助になるのも○。


赤白リソリン
やはり、ビートをくじいていける除去リソリンは強い。そろえるのが大変といえば大変ですが、そろえば清廉、アテナと合わせて非常に高い除去力を持っています。しかし、すぐ置くのではなく、場面を見てタイミング良く使いたいですね。

ガムビエル
ビートメタにして、天使が得たビート要因。展開に直接つながるチャージ減少効果が弱いわけがなく、デッキによっては詰みかねないカードです。2枚並んでしまえば、相手によっては完封できてしまうので、きっちり守って、盤面に2枚並べてしまいたいですね。

清廉
‐1000はやはり強い。卑弥呼、デュアルファイアと相性のいいカードも多く、リソリンからの除去も入りやすくなると、デッキのキーパーツ。できればPSに立てて、きっちりと守ってあげたいですね。と、言いますか、こいつが残っている試合は恐らく勝ち試合になるというくらい強力です。

アテナ
もう、赤を採用する時点で採用される強力カード。攻撃の底上げ、火力の上昇と、仕事はたくさんあります。本人も4コストバニラを殴り殺せるので、アタッカーとしてもも優秀です。清廉と並べば相手は地獄。パワーの差でじわじわとアドバンテージがとられます。こちらも場に残したい一枚。

クレアシオン
白のエンジェルの展開補助と言えばこの一枚です。6コスト手札消費1枚で2面展開は十分な圧力です。自軍防衛に使ってもよし、相手PSを囲って11000火力をだしたりと、やることは非常に多いカードです。中盤にこのカードを展開できれば、一気に展開を持ってこれる一枚ですね。

赤龍
侮るなかれ、製錬やアテナと並ぶと9000の6コストシステムキャラまで焼ける能力は非常に強力です。確かにコストはかかりますが、一度生き残ってしまえば、恐らく竜の中で1,2を争う制圧力を誇るカードなので、隙を見て展開して相手に対応を迫りましょう。なお、アテナ、清廉と赤龍が並ぶと相手は死にます。

光壁
守りたいカードが多いので、終盤に白1を残してのこのカードは非常に安心感があります。パンプ幅も高いので、ここぞで使って、攻勢を維持しましょう。



と、基本的には盤面に残してはいけないカードを展開し続けて、相手に処理リソースを割いてもらう事から発生する隙に付け込んで、じわじわと盤面を取っていくデッキです。速度段階は中速になりますが、リソリンのおかげで細かく火力補助ができるので、長期戦にも対応しています。きっちりと盤面を眺めて、最善手が打てれば、流行のデッキに対しても戦っていけるデッキであり、メタにも食い込める可能性があるデッキなので、これをたたき台に研究するのもいいかもしれませんね。




では、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!










スポンサーサイト

どんな時だって たった一人で 運命忘れて 生きてきたのに

突然の光の中 目が覚める 真夜中に どうも、漆黒です。どうしても、更新はこんな時間になりがちです。


さて、今回は前回に話した白黒ルクスリアの紹介でもしようかと思います。仕事あるのに、早く寝ろよとか言われそうですが、やります。つくらないといけないデッキがかなりあるけどやります。需要なくてもやります。始めるぞー!


世界は光と闇でできている。

プレイヤー:上柚木綾瀬

スタート:復讐の魔人ウルティオー×1


孤独の魔人ソリトゥス(IG)×4
飛び込むカーズカーズ×4
漆黒の刃ズィーガー×4
七大罪色欲の魔人ルクスリア×4
滅獄竜デスティニーベイン×3
野蛮の魔人バルバルス×2
ジ・アビス×4


星のエトワール(IG)×4
純粋のピュール(IG・RL)×4
力のピュサイス(IG)×4
チェインバインド(IG)×4
創造のクレアシオン×4
幻想のイリュジオン×4


白黒ですが、ほぼ黒単に白をタッチした形のデッキになると思います。デッキコンセプトは、IG以外のチャージ利用の追求。実に15枚も投入されているチャージ使用型のカードを使う事で、IGの成否による運の要素を極限まで削り、更に、チャージ利用カードたちをルクスリアでサポートします。
そう、このデッキの主役は、強力なカードに隠れがちですが、ルクスリア。本当に多種多様なカードと組み合わせることができるので、こいつを起点に戦術を組み立てるといいでしょう。例をあげると、

①ルクスリア+刃ズィーガーorバルバルス
誰もが考える組み合わせながら、5500を展開しながら除去が打てるのは強烈の一言。ズィーガーの場合は破壊できるのが奇数コストだけながら、ルクスリアからノータイムで除去が打て、バルバルスはルクスリアの破壊を挟んで除去が打てるので、相手の選択肢をかなり削ることができます。

②ルクスリア+イリュジオン
カーズカーズ含めての3枚コンボですが、墓地から好きなカードを手札に加えられるには強い。ジ・アビスを持ってきたり、ルクスリアを更に持ってきてつなげたり、はたまた、攻めのかなめの刃ズィーガーを持ってきたりと、柔軟な動きが魅力です。

③ルクスリア+クレアシオン
12と非常にエネルギーを喰いますが、一気に3枚のカードを展開しつつ、チャージが1溜まるという、お得なコンボ。三面展開なら相手のPSを囲めるので、大きなプレッシャーが見込めます。更に、そのPS周りが倒されると更にチャージが増えて・・・と、攻めの継続をするなら、かなりの威力のコンボです。

④ルクスリア+ウルティオー
こちらも有名コンボ。ひたすらのように5500が湧いてきながらチャージが増えるのはうざいことこの上ない。更に、バルバルやズィーガーがいれば除去のおまけつきです。ルクスリアを複数抱えているなら、魔人の目覚めを連発するような物なので、相当のアドバンテージですね。

と、チャージ利用カードを軒並みサポートできるルクスリアは本当に強いです。

まぁ、と言っていますが、実はこのデッキ、自分が環境メタになるかも+ゼクスの概念破戒のためにつくったデッキです。
前者は、今の環境で流行っているデッキと言えば、赤青リソリン、緑黒、青黒ベインの3つだと考えました。
特に赤青が強いので、ベインの採用は必須+何か一つ対策が欲しいという事で、自分はクレアシオンを採用してます。6エネかかりますが、2面制圧できて、更に6000の火力が出るのでその後の展開に生かせるのが強みです。後、ルクスリアも地味に5500あるのが強く、赤青の主要ゼクスを落とすことができるのも強みだと思います。

緑黒には、本当にズィーガーが刺さります。アタッカーが奇数に偏りやすいデッキでもあるので、後の敵は6コストの木蓮とバルバルスだけになりますが、そもそも、バルバルス対決では、回収効率とチャージ効率が圧倒的にこちらが上なので、推しきることができます。唯一、木蓮に対しては、アドバンテージを失いやすいのですが、そこはやはりクレアシオンで対応。2面展開は本当に強いです。

さいごに、青黒ベインは基本はPSにバルバかズィーガーを立たせて頑張ります。こちらのルクスリアやクレアシオンはバウンスされたらむしろうれしいカードなので、デュアルのバウンスはあまり気になりません。ベインもこちらはIGを全くしないので、能力がクレアシオン位にしか強みが出ないというので、普通に殴り殺せてしまうのが利点。更に、こちらの回収効率の方がいいので、長期戦でも手札負けしにくいのもいいですね。大抵、相手が先にデッキが切れます。

と、一応、俺的3代メタはメタれたので、いいかなぁ、と。確かに、フィーユでと緑龍でブンブンする緑単とか、龍膽さんとか、赤白リソリンとか、清廉さんとかの苦手カードはありますが、それでも、勝率は安定する方です。それに、次の話に繋がりますが、自分のプレイングが勝敗を左右するのがいい。IGほとんどしませんからね。

と、後者の話に移りますが、このデッキ、ゼクスのIG試行の概念をはなっから捨ててます。やっても、2ターン目か3ターン目のIGで目的は墓地肥やしです。ウルティオーを活用するのが前提のデッキなので、墓地がないとげ0無できないんですよ・・・
で、なにが概念破戒かといいますと、いません?ゼクスは運ゲーって言う人。まぁ、言っちゃ悪いですが、そう言う場面も俺は普通にあると思います。現に、俺もIG連続成功で圧殺されて、うがーってなったことも多々ありますし。でも、そんな奴も、このデッキで勝てば、黙ります。IGが成功しなくて?知らんわ!こっちは成功回数0だ!引きが悪い?こっちも同じだ!IGで切り札が落ちた?なら、IGすんなよ!
と、フハハ状態にできます。なので、こう言うデッキもあるんだから、IGで嫌気がさしている人は、使ってみるといいと思います。俺もその一人です。IG成功とかしないから、ウィニーできないんだよ・・・



と、こんな感じのデッキです。IGとか抜きにしても、チャージと盤面を組み立てていくのが楽しく、面白いデッキなので皆さん試してくれればいいと思います(SR15枚とか、そもそもCUCが8枚しかないとか言ってはいけない。)また、俺が目下、一番研究しているデッキでもあるので、何か、案のある方はコメント頂けると嬉しいです。環境ねらえそうなデッキなんで、頑張って詰めていきますよー。




それでは、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!

走る街を見下ろして のんびり雲が 泳いでく・・・

誰にも言えないことは どうすりゃいいの? おしえて どうも、漆黒です。忙しくて、なかなか更新できませんでした・・・


とりあえず、皆さん、Z/Xはやってますでしょうか?じぶんは、休みの日はほぼ、ゼクス三昧です。IGをほとんどしない俺好みのデッキもできましたし、楽しいですね。まぁ、勝率が結構あれだったりと、調整段階なんですがね。



つうわけで、今回はCDがゼクストリームで出たことですし、月宮うさぎを使ったデッキでも紹介しましょうか。



ディメンションゼロでやれデッキ。


プレイヤー
萌音楽研究家 小池雅也(4444ver)

スタート
金盤奏音シュトラウセ×1


萌音楽発信機 月宮うさぎ(U3G‐百式×4
冥司教スケイタルビショップ×2
魔人の目覚め×2
骨騎士スケイタルナイト(IG)×4
一撃の刃リンゲ(IG)×2
かぼちゃお化けのジャックランタン(IG・LR)×4


想者ヴェルデ×4
夕凪奏姫スメティナ×3
艶奏プッティーニ×2
絢盤ワグネア×4
永遠の隠しキャラ アサギ×2
機鋼竜ドライブピニオン×3
クリムゾンインベンション×3
レーザーサイスアヴィオール(IG)×4
変形二輪フレロビウム(IG)×2
待ってろ、今行く!(IG)×4


月宮うさぎの移動能力とヴェルデを合わせた、ヴェルデビートの亜種ですね。基本はヴェルデを盤面に維持しながら、各種の移動能力カードを使ってパワーをあげ、高い攻撃力で場をあらしていくデッキです。特に、ドライブピニオンとヴェルデが生き残ると、相手は先にピニオンを倒さないと、青エネの限りパンプされるので盤面を崩すのが非常に難しくなってしまいます。

使い方については、本当にヴェルデを維持することにつきます。なので、相手のターンに狙われた場合はピニオンの能力や待ってろ、今行く!等で守らないといけません。そうすれば、後は+4000の力で緑だろうが何だろうが、ガンガン一撃で落としていくことができます。特にうさぎはヴェルデがいれば4-10000という、破格のかりょ機が出るので、ここぞで狙っていきたいですね。また、うさぎは殴った後でも移動することができるので、相手PSにパンチ→効果宣言→相手のゼクスの隣に移動→空いた所からパンチといった動きも可能で、一気にライフを持っていける可能性があるのも素晴らしいところですね。基本は移動能力で相手の場を混乱させ、一気に攻めるトリッキーなデッキなので、少し変わったデッキが使いたい人は使ってみると楽しいと思います。

・・・ちなみに、盤面が動きすぎて、D0に見えるので、回りからD0でやれと言われるデッキでもあります。確かに、動きだけ見ると、完璧にイーシャデッキですからね・・・



とりま、今回はデッキ紹介でした。本当に盤面がコロコロ変わって面白いので、そういうパズル系の動きが好きな人はおためしあれ。うさぎが普通に強くて引きます(笑)




というわけで、今日はここまで。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
 


ゼクス!アクティベート!切り開け!すべてが今変わり出す。

ゼクス!アクティベート!祈ってる きっと明日をつかみ取る。コンニチワ、ミンナ=サン。漆黒デス。
本日は、ゼクストリームでしたね!自分も参加してきました!途中、人多すぎぃとかにもなりましたが、すね楽しい時間を過ごせました。ご参加した皆さん、スタッフの方々、本当にお疲れさまでした。


では、ちょっちレポでも。



朝。前日にビールを飲みすぎる。朝、眠くて死にそうである。しかし、まち合わせをしている手前、遅刻できないので、ふらふらしながら秋葉原へ。行きの電車で無駄にツイッターをやり、電池を浪費。


会場に着くが、物販列を見て、早々にあきらめる。知り合いに物販を頼み、俺はイベント列へ。そして、会場に入ると時間があるので、しきとフリー。ルクスリアデッキを使う。相手は緑単。


最初は相手をルクスリアループと黒龍で推しまくる。しかし、めくれる蒲公英。ライフへらねぇ・・・その後もクレプスとルクスリア、バルバルスで場アドを取っていくも、ルクスリアがおやすみなさいでリソースに3枚直行。完全にコンセプトが崩壊を起こし、後は大量の龍膽と月下香に殴られて死亡。おやすみなさい無理ぽ。



そのあと、テクネチウムさんのOPムービーを見て、自分はダッシュでポイント交換へ。友人の分合わせ、1800Pを交換する。多すぎて、デッキケースに入らない。困る。ここで、TCG研部長と遭遇!少し挨拶して、全力ダッシュで二階へ。1戦目の受付に間に合う。


つうわけで、ヒロイックサーガ。自分は白の世界ですが、使用デッキは我が魂のハンニバル。

1戦目
あめふらしさん 青黒

序盤はお互いにゆっくりと立ち上がり。すげーたくさんバニラがリソとデッキトップに見えて、バニラでビートされることを警戒する。相手は基本後ろを固めてくるプレイングを展開してきたので、こちらはそれを崩すように動く。相手がこちらの黒龍に手間取っている間に、ハンニバル登場!ビショップやウルティオーでひたすら象を投げる6コストバニラも2枚投げてもやす。最後はアテナが2枚も並び、1枚9000の象を投げつけながらビートして勝ち。5回も投げれたので大満足。

ここで、1回目の抽選が始まり、なんか、当選。引きはフェクダでちょっち残念・・・

2戦目
ドナルドさん 黒単

2戦目は黒単。カースド使うタイプなのかなぁ、と思い、前に出ると、死ぬほどIGが成功する・・・しかも、相手のIGが出ずに、そのままEND。ゼクスはたまに、こうなるんですが、お互いに苦笑いしか出来ず・・・また、イベントとかで再戦できるといいなぁ。


3戦目
フィーリアさん 白黒

3戦目は白黒。序盤にIGが乗って、2点奪うも、手札にIGマークがたまりまくり、相手の6コストバニラ相手に息切れ。後は、ハンニバルで投げつけることもできずに、相手のIGゼクスと大型にガンガンビートされて、盤面が死亡気味。いやー。象投げれないと死ぬほどよえー。このデッキ。象は2回しか投げれず、最後はガルマータでハンニバルがデッキアンダーに帰宅して、そのまま負け。以下にして、象とハンニバルを手札に揃えるか、突破力の追加が今後の課題ですかね。



ここで、友人と合わせてドロップ。秋葉原の町にギコギコとアベンジャーオブティアーズ、FFTCGのユウナ求めて出陣、の前にマックで飯。テキサスバーガーうまー。で、TCGショップをめぐるも、ギコギコはどこにもない状況。ブロコリさん、もう少し配ってあげればよかったんじゃないかな・・・・?ついでに、Z/Xはシングルも壊滅していたので、ユウナだけ買って、TCGめぐり終了!すでにゼクストリームは閉会している時間なので、一路、千葉へと帰還。電車は眠いです。

千葉についてからは、とりあえず、飲みへ。スーパードライがうまいです。

で、飲み終わった後は、千葉CKでゼクス。

とりま、シノとルクスリアでフリー。


1戦目

クレプスもルクスリアも出てきません。コンセプト崩壊なう。

2戦目

今回は綺麗にクレプスとルクスリアが回り始め、それに合わせて、バルバルも動く。しかし、シノがすげーIGめくるのと、リソ連携をきっちり引くので、盤面がうまく詰められない・・・ついでに、お互いにバルバル巣をつぶし合う、にらみ合いプレイングへと発展。どうにか、あいてのライフを1にするも、こっちもライフ2でデッキが後8枚に。ドロー。ルクスリア引かない。しかし、ドローから、デッキの中身がほぼIGゼクスで確定したので、IG3連発決めて、ゴリゴリして勝ち。たまにはIGもしますよ?


その後は、CDのプロモを使ったデッキを構築し、マガツキさんとテストプレイ。

1戦目

なんか、ウサギの動きがキモイ。ヴェルテと合わせて相手の盤面をあらしまくるも、相手のIGが逐一空気を読んでいて、盤面にゼクスが残らない。一応、ウサギとヴェルデ、青龍あたりで頑張って返すも、おやすみなさいで青龍とウサギが死亡してゲームセット。サイズがー。緑のゼクスが迫ってくるよーう・・・

2戦目

幸先の良いスタートで、やはり、ウサギの動きがキモイ。ぴょんぴょんしながら場をかく乱し、ヴェルデがPSで生き残る。そこからは本当にウサギ無双。4コストでぴょんぴょんしながら10000で殴り続けるのは、何か間違っている動きである。更に、ワグナスや待ってろ今いくなんかもめくれて、相手のひきこもっているフィーユなんかをがっちり撃破できる。最後あ青龍でまた、ぴょんぴょんしてゲームセット。



思ったよりもウサギが強すぎて吹いた。盤面をあっちこっちに飛びまわるので、相手は妙な所にゼクスを展開せざる得なくて、相当、盤面があれます。しかも、生き残ると以上に厄介なので、相手は全力でつぶしに行かないといけないという・・・そこを待ってるやインベンションで守ってやる先方がシンプルながら非常に強く、ヴェルデを維持さえできれば、緑単の攻撃力をはるかに超える攻撃力を発揮してました。強いて弱いところを言うなら、劣勢を覆すようなカードではないので、攻められるときつい点ですかね。あと、PSに飛べないのがきつい時が稀にあるので、そこは他のカードで補助したいですね。



と、行ったところで帰宅。家で日本酒飲みながら、これを書いてます。とりあえず、今日は一日ゼクスできて、楽しい一日でした!ゼクストリームにかかわった方々、お疲れさまでした!



とりま、ハンニバルデッキは今度公開で・・・今日は疲れたおー。あでゅー。





いあ!いあ!あとらっくなちゃ!





プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR