我、夜戦に突入す!

あ、加賀さんと赤城さんは休んでてください。どうも、漆黒です。研修の内容が3日早く終わってやることないお。



日曜はアンジュのトリオ出てました4-3で養分でした。



まぁ、それより、2月1日は綾瀬杯ですね。自分も友人とトリオに参戦します。チーム名とかはまだ決めてないですが、まぁ、自店の闇環境を持ち込もうと思います。まじで、闇だぞ?ありえないの上位だから。うち。


まぁ、それはおいておいて、まぁ、個人的なメタとかを。まぁ、要するに活躍しそうなデッキですかねー。






①リアンブレイバー
まぁ、本命でしょうね。きっちり回れば、メタれるデッキがないくせに、自分はメタ要素の塊という、あかんデッキ。基本、捲れないとなデッキではありますが、基本、小型を小出しにするこのデッキはIG試行回数も多く、必然的にめくれる枚数は少し多くなるという、非常にかみ合ったデッキに仕上がっています。劣勢時でもサイクロトロン以外なら卑弥呼IGから返していける理不尽さも健在です。対策としては、フロンは諦めてチャージをメタるのがいいか、と。ようするに、ガムビエルですね。基本、リアンをめくるためにチャージに1枚とっておくので、ガムビエルを出せば、めくれるのは1枚です。それなら、相手の展開はだいぶ遅れるので、そこを突くのがいいですね。
ちなみに、他は9使うくらいしかないです。9はリアンブレイバー殺すためだけに出たようなカードなので、メタるなら使いたいところ。
・・・まぁ、それでも、相手が少しでもめくると何も起こりませんがね。割と。


②ロードクリムゾン
と、いうより、ロークリ立てながら火力でアクターレを立てるデッキですね。固まると何も起きない盤面が構築でき、安定した勝ちを狙うことができます。変わりに、少々速度がないのが欠点ですが、それでも有り余るようなコントロール能力を持っていますので、まぁ、今回もいるでしょう。
しかし、実はロークリ以外に高打点があまりいないデッキでもあるので、相手PSのカードをどう抜いていくかは考えながらプレイングしたいところです。
メタるとすれば、フロンと、後はトラなんかも刺さります。あと、実はテクネチウムが苦手だったりもします。エネがあればひたすらのように出てくる7000は火力が足りなくなる可能性が。また、月下等の緑高打点も裁ききれなくなる可能性があり、厳しいところ。一度、ロークリかアクターレを抜けばもろいのでそこを突きたいですね。


③青緑9
9と菫を立ててPSを守り、緑の高パワーと青の優秀ユニットでゴリゴリするデッキ。P指定キャラに特に縛りがなく、いろいろなデッキタイプが考えられます。百騎兵がいる関係上、序盤に必要なカードをデッキに投入する数を少なくでき、純粋にカードパワーで押すことができます。本当にデッキとしての自由度が高く、明確なメタを張るのは難しいです。変わりに、それは言い換えればデッキの軸がぶれやすいとも言うこと。きっちり仕上げるには1週間では足りない気もします。まぁ、もし完璧に仕上げてくる人がいたのなら、それはそれで大会の台風の目になりえるでしょう。個人的には期待したいデッキです。


④赤黒ES
なんか、ブレイバーに10500が素で追加されたおかげで息を吹き返しつつあります。めくれば何か起こるのは伊達じゃないです。改修した豊富な手札と火力ESに卑弥呼を合わせて焼き尽くしながら速攻をかけるデッキですね。デッキ内容の半分異常がめくれれば何か起こるもののため、めくり続ける限りは有利を取れるのがすばらしいところ。
しかし、本当にガムビエルに弱いです。チャージを1枚とられるだけでもじりじりと攻めが交代することになります。2枚なんかもっての他。全力で落としにかかるプレイングをしたいですね。

⑤青黒ローレンシウム
スケイタルブシドーなるカードのせいで奇妙なまでの達成率を持ってしまった、新しいデッキです。下手をすると3コスト程度で10500が投げつけられ、5コストで除去もち8500が飛んできます。しかも、黒のカードは回収が得意。バンバン飛んでくるローレンシウムは、実に厄介です。
メタを張るとしたらやはり、9かロードクリムゾンになるでしょう。殴られなければ怖くないものです。ただし、9は広範囲なると新ローレンは戻しても焼け石に水になってしまうので注意が必要ですね。





と、まぁ、こんな感じでしょうか。後は青イェーガー、桃園ブレイバーなんかもいますが、基本は上野じゃないかなぁとか思っています。



・・・まぁ、こんなこといってながら自分はまだ、デッキ決めてないんですけどね。あれです。時間ねー。割とまじめに時間ねー。金曜はアルペジオが出るので時間取れないし、マジで調整の暇ないです。


・・・なんで、自分は地雷デッキで先鋒やると思います。当日は漆黒@妖怪「首置いてけ」ででるので、マッチしましたらどうぞ、よろしくお願いします。そして、できたらお酒飲みましょう。切実に。




では、今日はこの辺で。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!


スポンサーサイト

いいこと?暁の水平線に勝利を刻みなさいっ!

・・・バレテナイバレテナ。すんません、ハイパー放置してました。理由は、あれです。転職活動してました。タイヘンダッタノヨ。


まぁ、そんなこんなで、放置しすぎてもはや、前の記事覚えていませぬ。なんで、今日は新しい話題でも。



なんか、ヒロプレはじめました。絵師にメタられたんです。チカタナイネ。まぁ、それなりに面白いので、普通にやろうかなぁ、と考えてます。一応、東海、九州、山陰山陽+東北の3つのデッキを作りました。まぁ、山陰山陽はつれに上げる奴ですけどね。


まぁ、いろいろ置いといて、各勢力の考察なんかを。


東海

自分のメイン。さとうきびせんせーばんざー。精力的にはダメージゾーンという特殊な場所をリソースに使えるのが特徴です。基本、APが偏重のデザインが多く、相打ちをとられやすいですが、そこをエリカ・ミッドランドのRB能力でダメージに変え、アドバンテージを取っていきます。ヘレナ・サイプレス、犬山アキラの二枚の非常に強力な低コストキャラで序盤をしのぎ、豊田熱子、磐田駆当のアタック能力に長けたキャラにつなぐのが理想ですね。
しかし、実は一番強いのは松阪のえるかもしれない罠。LE能力いえば、ダウンすることはほぼありえない、ハイパークロッカーです。サイズ的に1コスト上のキャラと最悪、相打ちできるのもいいところです。
あと、さとうきび先生の鯉江すずがいます。2コストAP3500とかいえる素敵な子です。


九州

ウィニーというか、協力攻撃を繰り返してアドバンテージを稼ぐタイプのデッキです。基本的には宮崎ひとはのコスト発生能力から小さいユニットを並べて、押していく形になります。ドローソースやカウンターもかねそろえているので、協力攻撃が続く限りは責めの継続は容易な視力だと思います。
しかし、代わりに大型のキャラに乏しく、あそという隠し玉もいますが、どうにもサイズ勝負になると負けがちなので、量を後ろにすばやく攻めきりたいところです。
と、いったものの、実は端島夕は実は最強レベルの高性能ファッティ。能力使用で4000・4000が責めも防御もできるのは相当厄介です。さらに、PL能力が破格の九州3発生。4は入りませんが、2枚くらいはさしておいてもいいかもしれません。

東北

基本的にPLを確認したり、能動的にPL能力を発動する事でアドバンテージを取るトリッキーな勢力です。このTCG,PL能力にやたらと強力なものが多いのも事実なので、それを自分のタイミングで発動できるのは、そりゃ強いです。特に、三瓶夢希なんかは、スペック、能力ともに申し分ないので、東北を組む際にはぜひ入れたい一枚です。しかし、代わりにサイズなんかは控えめで、ガチの殴り合いでは遅れをとることもしばしば。幸い、条件付ですが保島春が条件付ですが、最大サイズのファッティになるので、そこでしのぎたいところ。
あと、実は色拘束が薄く、混色向けでもあります。特に比良坂渡里なんかとは相性がいいので、あわせると楽しいかもですね。

関東

関東はPLを削るほかに相手のデッキを削って勝利を目指す少々変わった勢力です。アタッカーのほとんどが相手のデッキを破棄する能力を持ち、北信越なんかには鬼のような強さを誇ります。
しかし、実態は強力なRB能力を頼みにした展開ウィニーを得意とする色になっています。とりあえず、RBが協力で相手にダメージを1ダメージを与えれば1コストで1アド取れるので、積極的に殴っていきたいです。
変わりに、サイズはお察しです。RBで1コスト軽めで出せると考えると強い部類なので、そこに活路を見出して生きましょう。

北信越

RB能力がデッキ70枚という、異色の勢力。東海がダメージゾーンを使うように、北信越はデッキを破棄することでアドバンテージを取っていきます。ハンドを使わずに強力な効果を発揮できるのでうまくいけば、相当の勢いでアドバンテージを稼ぐことができます。サイズも、千歳つばさという、AP5000がおり、メインのパンチャーである祢夢・フレイザー・伯壱も3コストにしては大き目のサイズを誇るので、殴り合いにも強い設計です。
しかし、問題はやはりデッキ破棄コスト。平気の平左で10枚とか破棄するので、70枚あってもデッキががんがん切れます。後半は自分との戦いです。豊富に稼ぎ出されるアドバンテージで一気に勝利したい勢力です。





・・・・疲れた。続きはまた今度。あでゅー。



いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR