スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそ言える、この言葉を、この我の物となれ!勇者よ!

断るっ!どうも、漆黒です。今日の出来事。「決着をつけようぞ!」→「断るっ!」



さて、今回は3弾の気になるカードをレヴューしていこうと思います。各色で何枚かピックアップしての話になりますが、お付き合いください。一応、SRは全部レヴューしますけどね。あ、あと、ヒドイ長文です。読む時は覚悟して。


Z/X 3弾カードレヴュー 気になるのだけだからね。


では、まずは赤のカードから。

赤龍
評価低いですが、リソースが伸びる後半に出てくると相当の圧力を持っています。特に、三成とアテナやと合わせた火力コントロールなんかは、実際に未来を感じるデッキになってると思います。確かに、パワー9000が足を引っ張ることもあるんですが、それを含めてもフィニッシャーになりえますし、赤単ブレイバーなんかにも採用されるかもしれないですね。あと、PS以外に置かれるシステムキャラの天敵です。コンボデッキでは絶対に生き残らせてはいけないカードですね。


ランスロット
こちらも、市場では悲しい評価のカードです。下手すると値段が100切ったりもしてるかも知れませんね。しかし、性能的にはブレイバーの5―7500で事故で完結した能力と、SRに恥じない性能は持ち合わせています。さらに、その能力ゆえに、「次のターンまで残しておけない」という事で、避雷針にもなりえるアタッカーというのは、個人的には評価する点です。10リソ溜まってからが本番と思われがちですが、攻め時には狙われるアタッカーとして運用したりすると強い、いぶし銀なカードだと思います。後半も、こいつ一枚+IGで1点もぎ取れたりするので、赤が濃いデッキでは採用してもいいと思います。

アテナ
今回の問題カードだと思います。取りまえず、アタッカーでありシステムキャラでもあるという点だけで、弱いわけがありません。しかも、後ろにひきこもらせてもイベントや火力の底上げ、アタック力の増強とどの場所に出されても仕事するのは、もはや、4コストの仕事じゃないです。パワーも5500とIGバニラに刈り取られないので、相手にハンド消費を強要する点も強いですね。とりあえず、赤が見えたら警戒すべきカードだと思いますね。

アジ・ダハーカ
青とのリソ連携カードです。やはり、全体ダメージは強く、3000といえども、相手の進軍をかなり崩すことができます。特に、亀との相性は最高で、5コスト5000を出しなが、ノーマルスクエアを壊滅に追い込めるのが強いですね。ただし、ただ、おけば強いというわけではく、きっちりとタイミングをはかって置いていかないので、使いどころが難しいカードではあると思います。しかし、それでも火力コントロールの可能性を見せてくれる一枚ですね。

ティアラ
3-4500とIGバニラでない+火力が1000だけと、一見物足りない能力ですが、その火力1000が非常に小回りが利くために、色々な場面で使っていけるカードです。手札に握っていても強いIGというのも珍しいですしね。さらに、アテナと合わせれば効果付きの5コストまで撃ちとってしまえるので、瞬間火力的にも申し分ないのがいいです。そのままではパッとしないですが、組み合わせで化ける。そんなカードだと思います。

信長さまの鉄砲
赤に新たに追加された火力ストラテジーです。序盤はお世辞にも役に立つとはいえない火力ですが、広範囲は赤待望の確定除去に近いストラテジーとして使っていけます。今までの赤の火力はどうしても超・大型を焼けないことが多かったので、このカードの登場はうれしい限りだと思います。こちらも、やはり火力コントロールに入れて、盤面の火力でどうにもならない時に撃っていく形になるカードですね。


赤総評
全体的には、コントロールよりのカードが多い印象でした。特に火力で盤面をコントロールするタイプのデッキはだいぶ優秀なカードが追加されていて、実用段階に入ってきた気がしますね。しかし、そんなかでもカーネリアンベアやランスロットなどのビート向けのカードも出て、バランスがとれているんではないでしょうか?
しかし、やはり今回の赤の最大の収穫はアテナ。赤のカードほぼすべてのカードを強化するその存在感はまさに圧倒的です。それを加えて考えると、赤は今回、かなり強化された色であると言えるんじゃないでしょうか?


次は、青行ってみます。

タイプ10
呼び方が未だに定着しない、バトルドレスです。6―9000のバルバラインを保ちながら、コメットシュート内蔵のカード。実質、青エネの数だけIGをなかったことにできるのは強いの一点です。フィニッシャーにも守りにも使える良カードに仕上がっていると思います。欠点としては、本人は6コストですが、実際は8コストほどの時に出さないと、しっかりとした活躍ができないことですかね。やはり、能力の関係上、場合によっては相手に出し直しで対応されるので、しっかりと局面を見て使いたいですね。あくまで、取れるのはテンポアドだけである、という事を念頭に置いて使えば活躍させることができると思います。

青龍
最高パワーゼクスの方割れ。やはり、11000は普通に強い。能力も、1コストでどこにでも飛べると、もはやD0でやれというレベルの能力。今まで、火力不足で涙を飲んでいた青の救世主のような存在だと思います。ヴェルテという、相棒も存在するので、研究次第では相当化ける竜ですね。ふつうに、そのまま11000バニラとして運用しても強いが、生き残らせると殴る→後ろに下がる→追撃と、目も当てられない状態になります。弱点としては、ファッティ共通の除去に弱いことと、こいつ自身は2―1交換等のアドバンテージを稼ぐカードではないという事でしょうか。他の龍にも言えますが、1ターン生き残らせることが重要なカードですね。

アサギ
PSにプレイできないというデメリットはありますが、それでも6―10000のスペックは圧巻の一言。相手は下手するとこいつを倒すだけにハンド2枚の消費を強要されます。一応、スメティナ等がいれば、PSに置くことはできるのを覚えておくとたまに役立つことがあるかもしれません。しかし、PSにプレイできなことが首を絞めることもあるので、何も考えずに4投するカードではないですね。

シェダル
ダハーカとのリソ連携カードです。リソに置く時に1ドローできるのは、ハンド維持の観点からもかなり強い能力なんですが、それでいて、5―7500と普通にプレイしても足を引っ張らないスペックなのがうれしいところ。相方の関係上、ダハーカを使った火力デッキになるので、コンボパーツをドローで引っ張りやすくなるのもいいですね。また、後述のアトリア共相性が良いのも高評価ですね。

休日のアトリア
3コストながら、デッキの上から5枚を見て並び変えることができると、はまればかなりのアドバンテージを得ることができるカードですね。単純にIGの複数回起動を狙ってプレイするもよし、欲しいカードを探すために撃ってもいいと、汎用性は高いです。しかし、盤面に直接的には影響を与えないカードなので、使いどころを考えなければ、アドバンテージを取れない、蒸すかしいカードでもあると思います。


青総評
全体的に有用なカードが追加され、確定除去となるカードも手に入れたことで、単色ですら戦えるレベルまで戦力が引き上げられた感じの強化した。特に、青龍の追加は大きく、きちんとおぜん立てされた後の青龍はゲームを決定づける威力を誇ります。他にも粒ぞろいのカードが多く、今回一番強化された色であるかも知れませんね。


次は黒で。

ルクスリア
6―5500とスペックは最低ラインであるものの、やはり、墓地の任意のカードをチャージにおける能力は強く、クレプス、ズィーガー、バルバルス、クレアシオン、イリュジオンと非常に相性が多いカードが多いのもあり非常に強力なカードと言えるでしょう。また、今回追加さえれたエヴォルシードのおかげで、IG試行回数が増えることで撮れるアドバンテージが増えたので、そこも追い風だと思いますね。適当にデッキに入れても活躍するカードではありませんが、きちんと合わせたデッキを作れば、中軸に成れるカードですね。

黒龍
7―9500と、黒待望のフィニッシャースペックカードです。さらに、能力は手札1枚で、NSの3コスト以下のカードを殲滅できると、かなりの制圧力を誇る能力を持っています。他の竜と違い、7コストになった瞬間に出しても、仕事ができるので、どんどん使っていけるのも魅力ですね。しかし、能力には手札コストを要求するので、ポンぽ使っていると、あっという間に手札が枯渇するので、そこに気をつけて運用するといいと思います。

ジ・アビス
新しく追加された黒の汎用除去です。黒のゼクスを破壊できない点は痛いこともありますが、自身が最後にチャージに置かれるというのが強力で、チャージを使う能力を後押しすることができるのも、良い点です。葬送牙との違いはIGアイコンの有無、チャージの増加と黒のゼクスが破壊できないという点なので、デッキの応じて使い分けるのがいいと思います。

アリス
ESでコスト3以下を回収することができる4―5000のゼクスです。回収は3コスト以下ですが、墓地から欲しい3コストを拾えるのはやはり強く、ウィニーやコントロールに幅広く採用される一枚です。特に、ブレイバーとの混合がよくみられ、卑弥呼を回収して制圧するのは、単純ですが強力な戦法です。また、5000のパワーは持っているため、最悪、相手のIGバニラを打ち取れるというのも評価が高い点だと思います。色々なデッキに入る、強力な一枚ですね。

デュラハン
ノスフェラトゥサポートで、墓地を肥やす能力持ちです。一見地味に見えますが、カースドソウルやトワイライトアッシュ、更にはESの存在のせいで、実際はかなりのプレッシャーを与えられる能力です。単体で見ても、5―7000とスペックは悪くないため、こいつを組み込んだノスフェラトゥは中盤あたりにパワーのピークが来る、非常に楽しいデッキになっています。研究次第ではESデッキの中核にもなれる存在なので、研究が待たれるカードですね。


黒総評
待望のフィニッシャーと各種サポートが追加され、やれることに磨きがかかった感じがします。特に、黒龍はIGを全否定することもあり、PSに出せば相当のプレッシャーを与えることができ、更に黒は回収が得意な色なので、使いまわしも容易と、かなりの制圧力を誇っています。個人的に、黒龍は環境に上がるカードだと思うので、黒を見たら警戒していいと思います。また、チャージ活用デッキもルクスリアの登場で、磨きがかかり、十全に戦えるデッキへと変貌しました。しかし、目新しい効果のカードは増えなかったので、底上げされた色という印象ですね。


次は緑です。

うっぱらか
緑のSRホウライです。ダムスタ互換のような能力で、1リソ増えるのは非常に強い能力です。9000とサイズもあるうえに、サポートが充実しているホウライのカードなので、緑のホウライがらみのデッキには採用されてくるカードだと思いますね。また、コストが非常に掛かりますが、伊吹虎尾との相性は抜群で、どちらも一気に倒さないとアドバンテージ差がどんどん広がるので、デッキとして研究するのもありかもしれないですね。

緑竜
素の最高パワーゼクスであり、竜の中でも最大のコストを誇ります。能力も、5コストでリソースのカードを1枚リブートで登場させると、これまた、D0でやれというような能力を持っています。そのコストゆえ、1ターン生き残らないとアドバンテージを取ることは難しいですが、生き残ってしまえば、ほぼ、独壇場状態。相性の良いCip持ちが緑には多く、圧倒的なアドバンテージをたたき出してくれます。しかし、非常に重いコストを要求するので、きちんと守り切れるかどうかが課題ですね。

花蘇芳
緑のリソース連携です。おくだけでリソース+1と単純にアドバンテージが取れるカードになっていますね。また、種族もホウライなので、場に出した後に木蓮でチャージに置けるのも面白い点です。緑は、今回の緑竜の登場により、より、リソースを伸ばすことが重要になったので、青と緑を組ませる時には、お呼びがかかりそうなカードです。また、単純にリソースを伸ばすために青のデッキにタッチ採用されることも考えられるカードなので、見かける頻度は多いと思います。

ウェアスクワール
4コスト4500とあまりスペックは良いと言えませんが、cip効果で場のライカンスロープの数×2000のパンプを投げれると、破格のパンプ能力を持っています。展開次第で、軽く10000越えを作成できるのが強みで、これ目当てでライカンスロープ寄りにした緑デッキも出てきそうなカードですね。しかし、当然のごとく、殴り返しには弱いので、攻めてる時に使いたいカードですね。

ウェアハウンド
ESでリソースから1枚カードを回収できると、単純ながら強い能力持ちです。スペックも次第点であり、種族も恵まれています。ただ、緑には菖蒲というライバルがいるところが難点で、緑のデッキ自体には入りづらいかもしれません。しかし、このカードはESであるところに意味があり、他のデッキへのタッチでの採用等が考えられるカードです。リソース連携という、回収したいカードも増えたので、いろんなデッキに出張するカードになうrかもしれませんね。


緑総評
前環境でトップをひた走ったからか、今回は随分と控えめなカード追加だったと思っています。しかし、細かい種族フォローやシナジーの追加で、不思議と弱い印象は受けませんね。さらに、やはり緑竜の追加が大きく、新たなデッキタイプが追加されたと言っても過言ではないでしょう。緑は、今のところ他の色でできることも疑似的に行う事ができるので、今回はその器用さに磨きがかかった追加かもしれないですね。


最後は白で。

ガムビエル
相手のチャージ上限が2減るという、デッキタイプによっては完全に詰んでしまう能力を持ったエンジェルです。スペックも悪くなく、ビート要因になれるのに、ビートをメタっているという、強力なカードになっています。また、2枚並んでしまうと、相手は全くチャージがたまらなくなり、IGでの逆転がなくなるという、完全なロック状態に持ち込むことができるのも面白い点ですね。しかし、スペックは良いと言っても、7000.何もしなければ、簡単に落ちていくので考えなしに使うカードではないですね。

白龍
7―9000と、フィニッシャーとしては少し弱いですが、こいつがいる限りプレイヤーへのダメージがシャットアウトされるルール干渉能力持ちです。能力の性質上、PSに置くことはあまり好ましくないですが、相手はこの白龍から処理しなければ、ライフを削ることができないので、処理を強要することができます。PS横にでもひきこもれれば、かなりの時間を稼いでくれるでしょう。単純なアドバンテージは取れませんが、使い方次第で膨大なテンポアドバンテージがとれる面白いカードですね。

イリュジオン
リソ連携でチャージ1枚を手札に戻すことのできるエンジェルです。戻すカードに制限がないので、ストラテジーでもゼクスでもチャージにあれば手札に加えることができます。その能力の関係上、ルクスリアやジ・アビス等の黒のカードと相性が良く、リソ連携の相手方の色と噛み合っているのが素晴らしい点ですね。また、マイナス査定も小さく、エンジェルであるため、戦線に参加しても足を引っ張らないというのも良い点ですね。

ティリチミール
6―9000のES持ちで、初の除外を含む効果を持っています。効果的には、自信を除外し、墓地から任意の3枚をデッキに戻すと、一見地味な能力ですが、IG持ちや切り札をデッキに戻すことができるので、リフレッシュ回避と共に事故も回避できる強力な能力です。さらに、スペックも9000とパワーラインは高いので、引いたとしても戦線に投入できるのがいいですね。また、ガーディアンであるため、アンナプルナのサポートを受けられるのも評価のポイントです。

アベンジャーオブティアーズ
現存する中で、唯一のライフ回復カードです。ゼクスはあと1点の戦いになることも多く、その1点を延命できるのはかなり大きいアドバンテージをたたきだせるカードだと思います。ライフが1にならないと役に立たない札になってしまうという、欠点はありますが、それでもウィニー等に対しての強烈な返しになるので、序盤が弱い、重いデッキには十分採用されるカードだと考えています。


白総評
今回は、白はイメージの通りに守りを強化してきた追加だと思います。白龍や各種族サポートはかなり固い守りを展開できるので、じっくりと腰を据えて戦うイメージの色になってきた感はありますね。しかし、そんな中でも奥のエンジェルが追加されたことで、エンジェルデッキは非常に高い打点をたたき出せるようになりました。ガムビエルの追加で、メタビートとしても動けそうな感じです。白は他の色と少し違った面白い効果が多い色なので、今回はそのれを含めつつも地力をあげる追加だったと思います。



全体総評
環境を変えに来た感じのするパックでした。2弾は、緑が非常に強く、対応できるデッキが限られていたので、そこを一気に崩しに来たんだなぁ、と思います。それぞれの色に主軸になるようなカードが追加され、新たなデッキタイプが多く生まれそうで、面白そうです。そのため、環境が安定するには、少し時間がかるかもしれませんね。既存のデッキの強化や新デッキの開発・・・どちらもやりがいのある感じです。一部、大丈夫か、これ?というカードがちらほらとありますが、それを含めても初心者に進めてもいい、良パックだったと思います。




・・・つかれた・・・1時間半もかかった・・・今日はもう、書く気もしないぞ・・・ついでに、長すぎて誤字脱字のチェックする気も起きない・・・なんか、見つけたら教えてちょ。では、今日はこのへんで。あでゅー。




いあ!いあ!あとらっくなちゃ!






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。