スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、地平線をめぐる、はるかな旅を始めようか。

おひさしぶりです。漆黒です。最近、このブログ伝説獣専用になってますな。



さて、改めまして、おひさしぶりです。漆黒です。もともとTCGブログなのに全くカードのことを話してないのでたまには、と。


と、いうわけで最近考えているSound Horizon Card Gameのルールでも公開してみます。まぁ、まだルールしかないんですがね。カードの案とかは後々。では、どうぞ。

Sound Horizon Card Game

SHCとは?
Sound Horizonの楽曲をモチーフにした、カードゲームです。あなたは、自分だけの役者を集め、自分だけのシーンで、自分だけの地平線を紡ぐことになります。

カードの種類
①ストーリーカード
物語そのものです。このゲームでは、このストーリーを紡ぐことが目的となります。

②シーンカード
ストーリーを紡ぐ、様々な場面を表すカードです。ゲーム中では、コストになったりします。

③アクター&アクトレス
地平線を彩る役者たちです。このカードゲームでは、シーンに登場し、ストーリーを紡ぐ役目を果たします。

④歌詞カード
Sound Horizonの様々な歌詞のカードです。時にプレイヤーを助け、時にプレイヤーを邪魔します。


ゲームの準備

1 すべてが異なるストーリーカード5枚からなる、Horizonデッキと、シーン、アクター&アクトレ ス、歌詞合わせて50枚(同じカードは3枚まで※シーン除く)からなるメインデッキを1つずつ 用意します。

2 お互いのデッキを良くシャッフルし、メインデッキから5枚引いてゲームスタートです。なお、こ の時、手札にアクター&アクトレスが1枚もない場合、引き直しを行う事ができます。

3 勝利条件
1、Horizonデッキをすべて表にする。
2、相手の場に2ターンの間キャラクターが存在しない。
3、相手がプロローグフェイズにカードを引くことができない。

ゲームの進め方

①プロローグフェイズ
デッキから、1枚ドローし、あなたのすべてのアクター&アクトレスをスタンドにします。先行1ターン目はスキップされます。

②オープンフェイズ
シーンカードを1枚、シーンゾーンに出すことができます。また、進行するシーンをシーンゾーンにあるシーンカードの中から1枚選びます。それが、このターン進行するシーンとなります。

③コールフェイズⅠ
手札から、アクター&アクトレスカードを1枚、必要な条件を満たして登場させることができます。

④アクトフェイズ
アクター&アクトレスで、アクションを行います。アクション方法は後述します。

⑤コールフェイズⅡ
手札から、アクター&アクトレスカードを1枚、必要な条件を満たして登場することができます。コールフェイズⅠであなたがアクター&アクトレスを登場させている場合、あなたはこのフェイズをスキップします。

⑥インターバルフェイズ
裏向きのアクター&アクトレスを1枚表向きにできます。1枚も裏向きになっていない場合は、行わなくてもかまいません。

⑦エピローグフェイズ
すべてのアクター&アクトレスのダメージを回復し、ターンを終了します。



アクション

1 あなたは、スタンド状態のアクター&アクトレスをレストし、対象のアクター&アクトレスにアク ションを仕掛けます。
2 相手は、自分のスタンド状態のアクター&アクトレスをレスとすることで、このアクションを妨害 することができます。
3 アクションを仕掛けたアクター&アクトレスと、仕掛けられた(妨害したのならば妨害した)アク ター&アクトレスのパワーに等しい値のダメージを、それぞれ相手のアクター&アクトレスに与 えあいます。もし、そのダメージがHPを超えた場合、そのアクター&アクトレスは裏向きになり ます。また、このダメージはターンの間蓄積します。裏向きのアクター&アクトレスは、パワー、 HPが存在しないものとして扱います。
4 裏向きのキャラにアクションによるダメージが与えられた場合、そのキャラは境界を越えたと みなし、表向きに墓地に置かれます。

シーンの数え方
シーンはフィールドに出ている限り、コストを発生し続けます。また、シーンゾーンは各プレイヤー共通であり、お互いにコスト、条件とすることができます。


ストーリーカードについて
ストーリーカードは基本、非公開ですが、ストーリーカードに書かれた条件が満たされた際に、即座Horizonデッキから表向きに公開されます。公開された、ストーリーカードは即座に効力を発揮し、以後、何らかの事象にさらされない限り、公開されたままとなります。

歌詞カードについて
歌詞カードは優先権を持っているプレイヤーが使用でき、スタックに積まれます。使用する際は、使用するアクター&アクトレスを選び、そのアクター&アクトレスの持つ☆アイコンをコスト分消費することで使用できます。☆アイコンは1度使用すると、ターン終了時まで使用することはできません。また、アクション中はアクションに参加しているアクター&アクトレス以外は歌詞カードを使用宣言することができません。




今のところはこんな感じです。なんか、意見がもらえるとうれしいですな。まぁ、小生、絵が描けんのでカードにすると仲間内んでやるだけのものになるんですがね(著作権とか色々ありますし、第一、勝手に絵を使うのは個人利用までですよ。)



では、このへんで。あでゅー。




いあ!いあ!あとらっくなちゃ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。いつも土日は某TCGショップでカードゲームしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。