一次選考行ってきました。

本日はある会社の一次選考でした。まぁ、説明会が主でしたが。次に進めるといいな。








と、いうわけでこんばんは。漆黒です。皆さん、風邪などひいていないでしょうか?私はかろうじて元気です。モンハンやる時間が欲しい・・・







というわで、モンハンもいいですが、やはり、ここはD0の話を。皆さんは、V-2の目玉である禁呪3の9コスト大型ドラゴンはもう使ってみましたか?どれも、派手な能力もちなのでデッキ作りが楽しいですよね。本日は、その5体のドラゴンについて語りたいと思います。






①神龍

最初は赤のドラゴン、神龍です。7000初期パワーは低いながらも、除外カードの分だけのパンプアップと、その火力テキストによりフィニッシャーとしては十分な性能を備えています。特に、墓地が肥えている終盤に出てくるとバトルタイミング火力を思うさまばらまけるので、使って気持ちのいいカードでもあります。と、いいますかこいつがいると、すべてのストラテジーに2000の火力がつくと言っているような物なので、弱いわけがないですね。
しかし、色々弱点もあります。まずは、全ドラゴン共通の除外テキスト。これのせいでなかなかリアニメイトしづらいのは少々厳しいところです。後もう一つは、そもそも墓地が肥えていなければ唯の7000・スマッシュ3のユニットだという事です。墓地が除外されているならまあ、パンプが残りますが、やはり火力を飛ばせないのはあまりよろしくないでしょう。プレイスタック火事場泥棒でがっくりすることもあります。
まぁ、とはいったものの、実際は墓地にカードが4枚でもあれば十分なので、そこまで悲しい状態にはなかなかならないでしょう。そういう意味で、無駄になりにくいこともこのカードの魅力ですね。
ちなみに、X=0で起動して除外効果だけ発動させることもできます。と、いいますか、これが色々悪さできそうで怖いのが本当のところ・・・誰も変なこと考えなきゃいいんですが。



②アイスドラゴン

お次はアイスドラゴン。基本は、前回の記事の内容と一緒ですね。要するに、3枚タダのプレイは強いけど、それを生かすも殺すも墓地次第なので強さに安定感がないのが気になるところです。まぁ、強いことに変わりはないんですが。



③ムー

3番手は緑のドラゴンです。正式名称は忘れました。能力としては、プランのユニットに低コストな覚醒を与えて、自分がスクエアにおかれるたびに、ユニットを展開できると書いてあります。上手くいけば盤面を巨大ユニットで埋め尽くすような、往年のレアブラスターのような状態が展開できます。爆発力ではぴか一です。
しかし、9コストと重いこと、覚醒のコストに同種族のユニットを必要とすること、なにより、
普通にプレイするとこいつ自体が寝ているので、他に覚醒コスト用のユニットが必要なことが弱点でしょうか?しかし、それを克服すれば一気に盤面をひっくりかえせるような力を秘めているカードだと自分は思います。一応、ユニット限定ですがサーチとして使えないこともないですしね。
後、バブルドラゴンから出すとリリースで入るので、そのまま覚醒に繋がり非常に無駄がないです。エスティタートあたりを引っ張ってくると相手が嫌な顔をします(笑)





④ドラゴン・ゾンビ

黒のドラゴンで、スクエア以外からスクエアに置かれたときにエリアとラインを吹き飛ばすという、ド派手な破壊能力を持っています。アニヒレイトと違ってベースには触れませんが、最大5体ものユニットを破壊することができます。墓地におかれるときに除外されてしまいますが、エキドナやサイクロプスで使いまわすことで、どんどん相手のユニットを破壊することができます。とくに、サイクロプス中央投下から相手エリアに出してやると、すごい勢いでユニットが死んでいきます。と、いうかやるとみた目、結構ひどいです。スマッシュも3ですし、何よりパニックヴォイスからエキドナを使いまわされると・・・ガクガクブルブル
弱点としては、相手のユニットの並び方でその威力がかなり増減するところでしょうか?1体しか破壊できない!なんてこともあるので注意が必要です。あとは、おなじみの自己除外能力。黒はリアニメイトが豊富な色なのでこれは痛い。貴婦人やルーラから引っ張ってこれないのは大きなマイナスです。さいわい、エキドナやサイクロプスはあるので、そちらを採用していきましょう。
一見、弱そうに見えますが、以外と頼りになり、使いどころを考えるカードです。玄人好みなんでしょうか?




⑤プラチナドラゴン

最後を飾るのは白のドラゴン。耐性ー白以外という謎の一文と、自分のスマッシュを2枚手札に加えるという回復効果を持ちます。特に耐性が厄介で、白がらみのデッキ以外では移動やプレイ時に7500以上のユニットで下に滑り込むくらいしか対処法がないという、抜群の場持ちの良さを誇ります。スマッシュ3も相まって、こいつのスマッシュだけでかつこともしばしば・・・
しかし、弱点もあり、まず白がらみのデッキだと普通にやられます。白はパワーを上げることや引き寄せることが得意なので意外と簡単に処理されてしまいます。後、回復のほうも相手にスマッシュをしてもらわなければ、意味のない能力となります。相手がコントロールだったりすると、なかなかスマッシュに来ないので能力を発動しづらいでしょう。また、白以外のカードではサポートできないのも弱点の一つです。特に、移動が重いため無限のミラージュを使えないのはかなり、デメリットです。
と、弱点も多数ありますが、それでも強力なことに変わりはなく、これからは白がらみ相手ではスマッシュすることをこれまで以上に考えたほうがいいかもしれませんね。








さて、こんなところでしょうか?そのうち、どのドラゴンもデッキとして記事or動画で紹介したいと思いますのでその時はよろしくお願いします。それでは、あでゅー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

漆黒@銃剣士

Author:漆黒@銃剣士
千葉のTCGプレイヤー。最近はボードゲーマーにクラスチェンジ気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR